各地のアウトドアフィールドも晩秋を迎え気温の低下が激しくなってきましたね。
「寒くなってきたから今年のアウトドア遊びは終わり!」なんて決めつけて冬眠期間に入ってしまっている方はいませんか?
せっかく楽しいアウトドア遊びを夏の遊びだけにしてはもったいない!
夏と違った顔を見せる、いつものフィールド。人だらけだったあの場所も今の季節に行けばあなただけのもの。
バッチリと防寒対策をして、本当の自然の姿を見つけに出かけませんか?

防寒対策の基本解説、ガイドおすすめのウェアとショップをご案内!

アウトドア防寒対策の基本レイヤードシステム

アウトドア遊びのウェア対策といえば「レイヤード(重ね着)システム」が基本。
下着、中間着、アウターと3種の衣類をうまく組み合わせることにより、快適性を高めます。
シーンによって中間着を脱いだり、アウターを脱いだりして体温の調節をします。
寒さを防ぎ、風を通さず、体温を放出せずにかいた汗を服の中で蒸らさずに放出します。

ぐっと寒さが増してきたフィールドでは、タウンユース用に開発されたウェアでは体温がどんどん逃げてしまい、どんなに重ね着をしても寒さから逃れることは出来ません。また汗を逃がすことが出来ない一般ウェアですと、かいた汗で服を濡らし、それが冷えてますます体温を奪います。

ウェアに採用されている素材選びは大変重要です。速乾性、防水透湿性が高いウェアを選ぶのが基本です。

レイヤード例

速乾性の高い下着 防寒性の高い中間着 防風性の高いアウター



下着(主な役目/汗を吸い取り、乾かす吸水・拡散・速乾性)

下着の基本は、パンツ、昔で言うスボン下、シャツ(長袖)の3枚。
普通に売られている綿の下着類は汗を吸い取ってくれますが、乾きにくいのでアウトドアシーンでは化学繊維のものがオススメです。
化学繊維の素材の名称は開発した各メーカーによって独自の名前がついていますが、防寒性の高いものから順に、エクスペディション・ミドルウェイト・ライトウェイト・シルクウェイトなどとクラスを分けているのが主です。雪深いフィールドに行くのでなければミドルウェイトクラスをそろえましょう。
また、シャツはアウターと中間着を脱いで単体で着ることもあるので、本当の意味での「下着」として利用するだけではないので注意が必要。これも綿のTシャツは避けたいですね。
もちろん、ブリーフ、トランクス、ショーツ類も化学繊維のものを揃えましょう。

モンベル・アンダーウェア
パタゴニア:メンズアンダーウェア
パタゴニア: ウィメンズアンダーウェア
ICI石井スポーツ・アンダーウェア
ICI石井スポーツ・Yシャツ
ナチュラム・男女共用ミドルウェイトアンダーウェア検索