皆さん!日本語定期観光パンダバスをご存知ですか?
パンダバスは、パンダトラベル(株)がシンガポールをはじめ、香港、マレーシア、タイ、インドネシアで運行している、日本語による観光バスです。

「観光バス?シンガポールには何度も行ってるし興味ないな~。それに、そういうバスって、初めてシンガポールに行く人が利用するんじゃないの?」
と、今パソコンの前でつぶやいたアナタ!そんなことは無いんですよ~。
パンダバスは、シンガポール初心者はもちろんのこと、リピーター、はたまた在住の方にも支持されているという「つわものバス」なんです。

そのパンダバスのサイトが、このたび完全リニューアルされました!オンライン予約検索サイトとして、パンダバス全商品の情報がリアルタイムに検索、そのまま予約ができるようになったんです。そこで今回は、私が、パンダバス・シンガポール支店長の吉田達也さんに、パンダバスについて、そして穴場のレストランについて・・・など、いろいろなお話を伺ってきました。


ガイド「まず、パンダバス・PANDA TRAVEL AGENCYさんはどんな会社なのか、ご存知でないユーザーの皆さんもいらっしゃるかと思いますので、簡単にご紹介いただけますでしょうか・・・。」

吉田さん「初めてシンガポールにいらっしゃる方はもちろん、シンガポールに何度も来た事のある方にも楽しんでいただけるツアーの組み立てをしている会社です。新しい発想で、お客様のニーズに合わせたツアー作りを日々心がけております。」

ガイド「日本語定期観光パンダバスとは、どんなバスですか?」

吉田さん「パンダのマークの付いたバスで、基本的に毎日2名様よりツアーを催行しております。シンガポールはもちろん、近隣諸国の マレーシア、インドネシアへのツアーも行っています。すべて日本語の話せるシンガポール人がご案内する、日本人の方を対象としたツアーです。」

ガイド「日本語が話せるローカルのガイドさんというのはいいですよね。気軽に質問も出来ますし、ローカルの方ならではのお話も聞けそうですし・・・。さてそれでは、そのパンダバスの中で、いま1番人気のあるツアーを教えていただけますか?」

吉田さん「1番人気ですか・・・、やはりイルカと泳ぐ1日コースですね。私どものツアーで行く、インドネシアのバタム島の近くにあるイルカの島では、1年中イルカと触るだけではなく、実際に掴まっていっしょに泳ぐ事ができるんですよ!水族館やイルカのショーで見るイルカとはまた違った一面をご覧いただけると思います。1日かけてじっくりとイルカと触れ合える、他では体験できないパンダバス一押しツアーです。ただし、モンスーン期の1月と2月は週末のみの催行とさせていただいております。ご了承ください。」

ガイド「それは魅力的なツアーですね。私もぜひ今度参加してみたいです!!それでは今度は、最新のツアーを教えていただけますか?」

吉田さん「『パンダ・バグースツアー マレー文化体験』です。バグースとはインドネシア語、マレーシア語で<最高!!>という意味を表す単語です。マレーシアの文化をじっくり味わっていただくツアーとなっているので、この名前をつけたんですよ!このツアーでは、まず始めに、ジョホールバル最大の回教寺院、アブ・バカールモスクをご覧頂いた後、バティック色染め体験、ピューター(すず)工房での製品作りにチャレンジ、マレー村での伝統的楽器を用いた演奏ならびにダンス、そしてココナッツ風味のマレー風カレーをマレー人と一緒に作るという内容になっています。現地の方々と直接触れ合いながらマレーシアの文化を堪能して頂けます。」

♪次のページではユニークなツアーをご紹介!