大好きなシンガポールの中で、私が特に気に入っているのが、マリーナ・エリア。
食事をするにもショッピングをするにも便利なところですし、賑やかなオーチャードエリアとは違い、ショッピングスポットや道にもゆとりがあって、リラックスした雰囲気で街歩きができるエリアでもあります。
そんなマリーナ・エリアは、外国人観光客やビジネスマンにも人気が高く、高級ホテルが集まっていることでも知られています。



その中で今回ご案内するのは、手頃な値段で宿泊でき、しかもサービスや設備も合格点のホテル『パン・パシフィック・シンガポール』です。


ローカルの若者たち御用達のショッピングセンター、マリーナ・スクエアの一角にあるこの『パン・パシフィック・シンガポール』は、37階建て客室数784室の大型ホテル。

スーパーマーケットのカルフールやミュージックショップのタワーレコード、フードコートのファウンテン・フード・テラスなどが入っている大型ショッピングモールのサンテック・シティー・モールもすぐ近く、ホテルの付近だけですべて事が足りてしまうと言っても過言ではないほど、何をするにも便利な立地です。

(← サンテック・シティー方面への出口もあります)



さて、それではホテルの中に入ってみましょう!

まず目にとまるのは、大きな吹き抜けを行き来するガラス張りのエレベーター。
お部屋へ行くエレベーターからは、マリーナ・ベイと高層ビルを一望でき、またアトリウム内のエレベータからは、ロビーの『アトリウム・ラウンジ』を見下ろす事ができ、どちらもちょっとしたアトラクション気分です♪(こんなかんじです。⇒)

この『アトリウム・ラウンジ』は、お酒とシガーを楽しめるオトナのためのバー。ライブ演奏を聴きながら一日の疲れを癒してみてはいかがでしょうか・・・。

レストランが充実している『パン・パシフィック・シンガポール』では、この他にも個性豊かなレストランがラインナップしています。

広東料理の『海天楼(ハイティエンロー)』は、12:00~14:30のランチタイムに飲茶を頂く事が出来る、観光客に人気のレストラン。また日曜日の11:00~14:30は、サンデーブランチを行っているので、ゆっくり起きた朝はぜひ立ち寄ってみて下さいね。

旅行中、日本の味が恋しくなったら『欅(けやき)』へGO!鉄板焼きやお寿司、懐石料理、天婦羅など一通りのメニューが揃っているのは嬉しいですよね。

『Tuscany(タスカニー)』はタスカン地方をコンセプトにしたイタリアンレストラン。定番のピザやパスタはもちろんの事、オーブン料理や人気のティラミスをはじめデザートなども充実のお店です。

その他、24時間営業の『アロマ・ベーカリー&デリ』、インド料理の『ラン・マハール』(↓写真)など、沢山のレストランがホテル内にあるので、滞在中の食事に困る事はありませんよね。




さて、次回のガイド記事では、『パン・パシフィック・シンガポール』のお部屋の中をご案内したいと思いますので、ご期待下さい!


♪DATA♪

『パン・パシフィック・シンガポール』

Pan Pacific Singapore
7 Raffles Boulevard,
Marina Square,
Singapore 039595

Tel: (65) 6336-8111
Fax: (65) 6339-1861


関連ガイド記事

ホテル・インフォメーション~part1~『THE ORIENTAL』
ホテル・インフォメーション~part2~『フラトン・ホテルの楽しみ方』
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。