文章:吉田 摩弥(All About「ロンドンで暮らす」旧ガイド)

今回は、見た目だけではわからない、パッケージの解読が頼りの食材を中心にご紹介。日本では馴染みのない食材については、調理法や味についても解説しました。食いしん坊のアナタは必読!

【Index】

切り身になるとワカラナイ?! 肉編

肉のパッケージ
これって何? 見た目だけでは分かりにくい切り身のお肉
豚肉、牛肉、鶏肉、くらいなら見た目で分かるけれどイギリスのスーパーマーケットには他にも沢山の種類の肉が売られています。カモや七面鳥、ウズラのほか、ウサギやダチョウ、ワニまでもが普通に陳列されていることも。あまり聞きなれない食材、しかも切り身になっていたら何だかわからないかもしれませんね。

  • pork……豚。
    ステーキ用(Loin steak)、骨付き(pork chop)、ヒレ肉(fillet)、スペアリブ(rib)、レバー(liver)のほか、シチュー用(diced)やひき肉(minced)、ロースト用の足(leg joint)も。
  • beef……牛。
    スコットランド産(Aberdeenなど)が良質。ステーキ用(Sirloin、 rump、 ribeye、 fillet)、ひき肉(minced)、サンドイッチ用薄切りステーキ(sandwich steak)、シチュー用(stewing)、ロースト用 (roasting joint)など用途別に様々なものがあります。
  • veal……仔牛。
    見た目は薄めのピンク色。大人の肉よりもやわらかく、ほんのり甘みがあります。国産以外では、オランダ産(Dutch veal)が有名。ステーキ用(Steak)やひき肉(minced)、レバー(liver)が一般的ですが、骨付きのすね肉(ossobucco)が売っていることもあります。
  • lamb……子羊。
    国産ではウェールズ産(Welsh)が有名。大人の羊「mutton」はほとんど見かけません。ヒレ肉(Neck fillet)、骨付き(lamb chop)、 レバー(liver)に加え、ロースト用に骨付き肩肉(shoulder)や足(leg)も。

  • 【poultry……家畜系鳥類】
  • chicken……ニワトリ。
    トウモロコシで育てた「corn-fed」は見た目が黄色く、深い味わい。「poussin」はメスの雛鳥で、丸ごとローストにすると柔らかく優しい風味が出ます。
  • duck……アヒル。
    国産ではグレシャム地方(Gresham)のものが有名。脂肪分が高いのでロースト向き。
  • turkey……七面鳥。
    脂肪分、カロリー少なめで淡白な味。そして安い! 普段店頭に並ぶのは切り身ですが、クリスマスの時期にはロースト用に一羽まるごとで売られます。

  • 【game……元来狩猟によって捕獲される動物】
  • quail……ウズラ。
    詰め物(stuffing)を入れて丸ごとローストするのが一般的。大型のヤマウズラは「partridge」。
  • pigeon……ハト。
    一般的なのは野生の「wood pigeon」という種類。調理法はウズラとほぼ同じ。
  • rabbit……ウサギ。
    シチューやローストが一般的。やわらかく美味。
  • venison……シカ。
    ステーキやロースト、シチューなど用途はいろいろ。臭みが強いものもあるので、苦手な人も多いかもしれません。
  • ostrich……ダチョウ。
    最近、国内の養殖ものが増えてきたそうです。
  • crocodile……ワニ。
    見た目も味もチキンそっくり。

次のページでは、白身ばっかりで何が何だかワカラナイ?!お魚の紹介です。