観光地を回って、観光客相手のレストランで食事して、有名ブランドでお買い物…だけでは、イギリス人の実生活は見えてこないものです。せっかくイギリスに来たのです。素顔のイギリス人に触れてみたいですよね。そんなとき、一番手っ取り早いのが、近くのスーパーに飛び込んでみること。

というわけで、今回は、イギリスの代表的なスーパーを回ってみて、読者のみなさんにその雰囲気をお届けしようと、各会社の特徴をまとめてみました。また、お土産によさそうな商品があれば、メモしてきました。観光名所めぐりとはちょっと違ったイギリスを楽しんでみましょう。

P1. イギリスのスーパーの代名詞 Tesco
P2. ジェイミー・オリバーでイメージアップをはかる Sainsbury's

納得のいく品質の商品を低価格で提供するテスコ

テスコ
テスコは、イギリスの最大手のスーパーマーケット。
テスコはイギリス最大規模のマンモス・スーパーチェーンで、毎年チェーン店の数を増やしています。他のスーパーよりも低価格で良品質の商品を消費者に提供していることを誇り、人気 No.1 の地位にあります。

■コンビニを駆逐する勢いの Tesco Metro
テスコ・メトロは、一般のテスコのミニチュア版スーパー。街角のコンビニより少し大きいぐらいで、そのほとんどが駅前の便利な場所にあります。夜遅くまで営業していますが、価格帯は一般のテスコと同じで、セレクトされた商品展開をしています。特に、サンドイッチ、菓子パン、サラダ、電子レンジでチンするだけのお手軽パックなどノンクックのものに大きくスペースが取られています。観光客、オフィスのランチタイム客、DINKS などで常に賑わっており、街角のコンビニや個人商店が脅威を感じて当然です。

■グルメも納得のブラックレーベル Tesco Finest
テスコのオリジナルブランドで、他のテスコオリジナル商品と差別化され、特に厳選された高品質素材を使用した商品を展開しています。値段は一般商品と比べやや高めではありますが、高級食材店よりははるかに安いです。特にグルメチーズのセレクションは、一見の価値ありです。

■お得なメンバーシップ Tesco ClubCard
テスコの無料メンバーシップカードは、1ポンド買い物をするごとに1ポイントがカードに加算されるシステムです。このカードでポイントが貯まると商品券やポイント倍増券などが定期的に送られてきます。そして、これが意外とよく送られてくるのでお得感があります。

次のページでは、Tesco の対抗馬 Sainsbury's を見てみましょう。