昔ながらのパブでの食事といえば、フィッシュ・アンド・チップスやソーセージなどがメインのパブランチや、サンデーロースト (ローストビーフに温野菜やローストポテトなどを添えた日曜日のメニュー) など、素朴な伝統料理が定番。ところが最近、さまざまな食材と調理法を駆使した本格派の料理を出すガストロパブ (美食パブ) をはじめ、クオリティの高い食事を出すパブが次々と登場し、ロンドンっ子の心をつかんでいます。

気軽に楽しめるパブごはん

美味しい食事を肩ひじ張らずに味わえるのが、パブごはんの魅力。レストランで食事をするとなると、やれスターターだの、メインだので、それなりの出費も覚悟しなければなりません。が、パブでの食事なら、メイン一皿だけでも大丈夫ですし、ドリンク込みで 1 人 15 ポンド (約 3000 円。1 ポンド = 約 200 円) 程度に抑えることもできます。

また、食事を出しているパブには、伝統的なパブにありがちな一種独特の排他的な雰囲気もありません。常連客とランドロード (亭主) が話しているところへ割り込んで注文するのは、気おくれするものですが、食事客の多いパブでは、飛び入りのお客さんでも明るく接してくれるので安心です。イギリスの情報誌には、最近、「ガストロパブ」の項目もお目見えしているので、滞在先の近くにそういうパブがないかかどうか、前もって調べておくといいでしょう。参考までに、ロンドン市内のおいしいパブをいくつかご紹介します。

TimeOut 誌が選んだ 2004 年度のベスト・ガストロパブ

コーチ・アンド・ホーシズ
The Coach and Horses; 26-28 Ray Street EC1R 3DJ
数あるガストロパブの中でも今、特に脚光を浴びているのが、『コーチ・アンド・ホーシズ (Coach & Horses)』です。ロンドンのエンターテイメント情報誌『TimeOut』の 2004 年度ベスト・ガストロパブ賞に選ばれたこの店は、ビジネスマンなどで連日、大変な賑わいを見せています。食事客が多いという以外は従来のパブと変わらず、外観もインテリアも伝統的なイギリスのパブです。食事をせずに、カウンター周辺で飲み物だけ注文することもできます。エールは1 パイントが 3 ポンドから、グラスワインは 1 杯 3.5 ポンドからと、普通のパブと変わりません。カウンターで軽食をつまむこともできます。

落ち着いて食事をしたい場合には、テーブル席を確保する必要がありますが、人気店なので、特に週末には予約を入れておくか、我慢強く待つ覚悟が必要です。食材の肉は、伝統的な飼育法を守り続ける農場のものを使い、産地や種別はもちろん流通経路などの履歴も完全に追跡できるとのこと。

メニューの一部をご紹介すると、スターターが、「青いトマトのフライ、ラグストーン・ゴートのチーズ添え」 (4.5 ポンド)、「野生肉のテリーヌ、洋ナシのピクルスと胡桃パン添え」(5.25 ポンド)。そしてメインは、「ジロール茸と西洋ネギのリゾット、アヒルの目玉焼き添え」 (9.95 ポンド)、「ポーク・グーラッシュ:キャラウェイのダンプリング、サヤインゲン、サワークリーム添え」 (13 ポンド)と、伝統的なイギリス料理とヨーロッパ各国の料理を融合させた感じです。なお、メニューは食材の都合で変更されるので、お店を訪ねる時に、その日のおすすめを尋ねてください。

採算度外視のザ・ブルーポスト (The Blue Posts)

ザ・ブルーポスト
The Blue Posts; 28 Rupert Street W1D 6DJ
ロンドン中華街近くにあるこのパブは、オーガニックの卵や産地直送のカンバーランドソーセージなど、クオリティの高い食材を使用した料理が大きなプレートにてんこ盛りで出てくることで定評のあるお店。採算度外視にしか思えない質と量に、「ガストロパブを目指してる?」と質問すると、「うちはあくまでもパブ。食事も昔ながらのパブ飯だよ」と亭主のマイケル。「ただ、ベストのものを出したいと思っているだけ」と付け加えるところに自信が感じられます。

ベトナム料理がお勧めのザ・ウイリアム (The William)

ザ・ウイリアム
The William; 16 Harper Road SE1 6AD
エスニック料理を出すパブも狙い目です。エレファントアンドカースルの市営住宅群という、ロンドンでは決して安全とは見なされない場所にある「ザ・ウイリアム」は、おいしいベトナム料理を食べたくなったら足を運ぶ店です。4.5 ポンド のフォーを頼むと、新鮮なミントやシャンツァイなどの添え野菜がお皿いっぱいに出てくるのが嬉しい。パブとしては、一人ではちょっと怖いかも。もっと良い場所にあれば、台所代わりに通いたいパブです。

伝統的なパブの雰囲気と新感覚の味を一度に楽しめるロンドンのパブを、この機会にぜひ体験してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。