もうすぐ中秋節
今年も月餅商戦が熱い!


今年もまた、中秋節がやってきます。
中秋節とは、月餅を食べながら月を愛でる、旧暦8月15日(今年は9月25日)のお祭り。日本では月見団子ですが、こちらでは月餅を食べるのが習わしです。

ショップ
中秋節に欠かせない月餅。今年も趣向を凝らした“新商品”がたくさん登場しています
8月になると、香港の街にも宣伝が目立つようになり、いよいよ月餅商戦がスタート。そしてピークになると、中国料理店はもちろん、ケーキ店にパン屋さん、コーヒーショップ、アイスクリーム店まで、いろいろなお店でオリジナルの月餅が販売されるようになります。月餅の種類の多さは、日本では考えられないほど。年を重ねるごとにオリジナリティあふれる月餅が登場するので、どんな月餅が出てくるのか、毎年この時期になると私も楽しみです。

ヘルシー志向を反映して
月餅も低糖・低脂肪に!?


バラエティ豊かな月餅ですが、その年ごとに大まかな傾向や流行があります。今年の月餅はやはり、健康志向。砂糖や卵、油などをたっぷり使う月餅は、お世辞にもヘルシーなお菓子とは言えませんでした。ところが、最近の香港はヘルシー志向が高まり、月餅にも低脂肪で砂糖を抑えたものが目立つようになっています。

デリフランス
普段はサンドイッチを扱っている「デリフランス」も月餅商戦に参戦
たとえば、サンドイッチのファーストフード「デリフランス」の月餅。見かけは伝統的な形をしていますが、中身は現代人のニーズに合わせて、低糖・低脂肪になっています。今年は、チョコレート、モカコーヒー、黒ゴマ、ジャスミンの4つの味(HK$208)で勝負。甘すぎず、ヘルシーな月餅として評判を呼んでいます。


奇華の月餅
老舗の「奇華」からも“現代風”月餅が
また、老舗の菓子店「奇華」では、麦芽糖を使った低糖月餅を販売。月餅に「低糖」と刻印されているのが、なんとも笑えます。これならダイエット中の人も、安心して食べられるでしょう。低糖ではありませんが、黄身あんのミニ月餅(月をイメージした缶入り)や、レトロな缶入りの伝統的月餅なども1個(HK$22)から買えるので、お土産にも最適です。



今年も一風変わった?新商品がたくさん登場! あなたのお気に入りの月餅は!?>>