ハワイで覚えておきたいレンタカー運転の注意ポイント

「STOP FOR PEDESTRIANS IN CROSSWALK」=横断歩道に歩行者がいたら停止、の標識が立つ信号。ハワイには横断歩道法という法律がある

「STOP FOR PEDESTRIANS IN CROSSWALK」=横断歩道に歩行者がいたら停止、の標識が立つ信号。ハワイには横断歩道法という法律がある

お気に入りのビーチ、ロコが集まるレストラン、毎日通いたいショッピングセンター。レンタカーがあれば、好きな時、好きな場所へ自由に移動ができます。楽しいドライブのために、ハワイの交通ルールとマナーは、しっかり確認しておきましょう。

左ハンドル・右側通行で、数字はマイル表示

ワイキキ・カラカウア通りでは制限速度25マイル=約40キロ

ワイキキ・カラカウア通りでは制限速度25マイル=約40キロ

当然ながら、ハワイは左ハンドルで右側通行。気を付けて運転していても、右折・左折の時に、うっかり左車線に入ってしまいやすいので要注意! 初めて右側通行で運転する人は、「右(折)は右(車線)、左も右」と右折・左折の度に唱えるのがおすすすめです。また、制限速度や距離を示す標識等の数字はマイル表示で、1マイル=約1.6キロメートル。「SPEED LIMIT 35」は制限速度約56キロ、「MINIMUN SPEED 45」は最低速度約72キロとなります。 

横断歩道の歩行者に注意

警察官にも反則金のノルマがあるので、交通違反の取締りは頻繁

警察官にも反則金のノルマがあるので、交通違反の取締りは頻繁

ハワイにはクロスウォーク法(横断歩道法)という法律があり、横断歩道を渡る歩行者の安全優先のため「歩行者が走行車線側を横断している時、横断歩道の中央を過ぎるまで停止しなければならない」と義務付けられています。違反した場合は、罰金150~1,000ドルが科せられます。

また、横断歩道を渡らずに交通事故に遭うケースが多発したため、歩行者に対しても横断歩道以外での道路の横断や信号無視(「JAYWALKING」ジェイウォーキングと呼ぶ)には、罰金130ドルが科せられます。こちらもご注意を。

<関連リンク>

赤信号の右折に注意

左側通行の日本で赤信号での左折はできませんが、右側通行のアメリカでは赤信号でも右折可能です。一番右側の車線で一旦停止をし、安全確認(クロスウォーク法に注意)をしてから右折しましょう。ただし「NO TURN ON RED」の標識がある場合は、赤信号での右折は禁止です。

全席シートベルトと年齢別チャイルドシート着用の義務

ワイキキ交番に掲げられたシートベルト着用強化キャンペーン「CLICK IT OR TICKET」(シートベルトを締めるか、違反チケットを切られるか)のPR幕

ワイキキ交番に掲げられたシートベルト着用強化キャンペーン「CLICK IT OR TICKET」(シートベルトを締めるか、違反チケットを切られるか)のPR幕

ハワイ州法では、後部座席を含む全席でシートベルトの着用が義務付けられており、違反者には、92ドルの罰金が科されます。また、チャイルドシートの着用も子供の年齢・体格によって細かく定められているので気を付けて。
  • 新生児~1歳で体重20ポンド(9キロ)までの乳児は、ベビーシート、または、チャイルドシートを後部座席で後ろ向きに装着して着用
  • 1歳~4歳未満はベビーシート、または、チャイルドシードを後部座席で着用
  • 4歳以上~8歳未満は、ブースターシート(=ジュニアシート 背もたれのない腰下だけのシート)を後部座席で着用。ただし、身長4フィート9インチ(144.8センチ)以上、かつ体重40ポンド(18.2キロ)以上は、シートベルトで可
ブースターは受託手荷物として飛行機に預けられるので、日本から持ち込んでも

ブースターは受託手荷物として飛行機に預けられるので、日本から持ち込んでも

これらを違反すると、4時間の交通安全教育クラスの受講と100~500ドルの罰金が科されます。チャイルドシート、ブースターは、レンタカー会社で1日14ドルほどでレンタル可能。法律改正が行われることもあるので、詳しくはレンタカー会社でご確認ください。

<関連リンク>
ホノルル警察 「Motor Vehicles」 Child passenger restraints and seatbelts、Mandatory use of seatbelts


スクールバスは優先

通学時間帯はスクールバスに注意

通学時間帯はスクールバスに注意

走行中、前方に黄色い車体のスクールバスが停車している場合は、後続の車も追い越さずに停車して待たなければなりません。また、対向車線に停車している場合も一時停止し、スクールバスの発進を待ちます(中央分離帯がある対向車線にバスが居る場合は停車しなくてもよい)。

運転中は携帯電話の使用禁止

ドライバーの携帯電子機器使用に関する法律により、運転中はもちろん、一時停止中でも携帯電話で話したり、メールを送信することが禁止されています(緊急時の911通報は除く)。ハンズフリー装置を使用しての受信は通話可能です。罰金は、初犯で最高200ドル。スクールゾーンでの違反は、罰金が2倍になります。デジカメの使用も禁止されているので、信号待ちに風景をパチリというのも違反です。

子供を車内に置き去りにしない

スーパーの駐車場に子供を残して買い物……というのも禁止です

スーパーの駐車場に子供を残して買い物……というのも禁止です

ハワイ(アメリカ)では、12歳以下の子供を13歳以上の付添い人なしでひとりにすることがタブーとされています。これに準じて、車内置き去りに関しては、9歳以下の子供を車内に5分以上置き去りにした場合、500ドルの罰金に。また、5歳以下の子供を12歳以下の子供と一緒に置き去りにした場合も科せられます。 ご注意ください。

クラクションを鳴らさないのがハワイのマナー

感日本では感謝の気持ちのハザードランプ点滅も、ハワイ(アメリカ)では危険を知らせる合図。手をあげて挨拶を

日本では感謝の気持ちのハザードランプ点滅も、ハワイ(アメリカ)では危険を知らせる合図。手をあげて挨拶を

すべてにおいてのんびりムードのハワイでは、クラクションの使い方もハワイ流。高速道路の合流や信号が赤から青に切り替わる時など、後方の車がクラクションを鳴らして急かすことはありません。むしろ、むやみに鳴らすことはマナー違反に。クラクションは、緊急時以外は控えましょう。

車上荒らしに注意を

日本語のガイドブックが外側から見えるのも標的になりやすいので気を付けて

日本語のガイドブックが外側から見えるのも標的になりやすいので気を付けて

ドライブの際に気を付けたいのが、旅行者を狙った車上荒らしです。オアフ島のハナウマ湾、ハロナ潮吹き穴、サンディビーチなど東海岸のビーチパークや観光地、ノースショアのビーチパーク駐車場のほか、アラモアナセンター、ワイケレ・プレミアム・アウトレットなどショッピングセンターの駐車場も要注意。

駐車時は、車内に貴重品や買い物袋、サングラスなどを置いたまま離れないのが基本です。やむを得ず荷物を置いて離れる場合は、トランクへ。それも駐車場所でトランクに移しかえるのではなく、前もって別の場所で移しておくぐらいの防犯が必要です。薄暗い場所やひと気の少ない場所への駐車も避けましょう。

ガイドの車上荒らし体験を紹介しています>>>ハワイのレンタカートラブル対処法


レンタカーの予約、駐車場事情、給油の仕方、交通違反等のトラブル対処法など、レンタカー関連情報は、こちらでチェック!>>>ハワイでレンタカー

保存
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。