ローカル気分で味わう美味しいうどん、ジンボ

ディナータイムは満席のジンボ。順番待ちリストに名前を記入して、ベンチに座って待ちます

ディナータイムは満席のジンボ。順番待ちリストに名前を記入して、ベンチに座って待ちます

ハワイに来てまでわざわざ……と思いつつ、やっぱり食べたくなるのが日本の味。ホノルルには、ここ数年で日本の和食レストランが続々上陸。手軽に美味しい和食が食べられるようになりました。だからこそ行ってみたいのが、地元の人たちに愛され続けているローカルなお店。ガイドも通い続けて15年以上のうどん屋、ジンボ(JIMBO)をご紹介します。

ダシはしっかり、麺はシコシコの関西うどん

サクサクの大判かきあげがたまらない、かきあげうどん

サクサクの大判かきあげがたまらない、かきあげうどん

ワイキキから車で約10分。サウスキング通りにあるジンボは、ハワイの新聞社や情報誌が主催するレストラン賞の常連で、行列ができる老舗店。招き猫が迎える純和風の店内は、ローカルでいっぱい! ワイキキでは体験できない、ローカルな雰囲気も味わえます。

ボリュームたっぷりの親子丼

ボリュームたっぷりの親子丼

かつおダシがきいたうす味のスープにモチモチ・シコシコ麺の関西うどんは、洋食続きの胃袋にしみわたるウマさ。化学調味料は使わず、けずり節や昆布は、日本から空輸。麺も手打ちの自家製なのだそう。

メニューは、うどん・そば各種(7~12ドル)のほか、丼物やカレー、おいなりさんなどと組み合わせたコンボメニュー(12~15ドル)が豊富なので、軽く食事をしたい人もガツンとしたボリュームが欲しい人も、どちらも満足できますよ。

実は、カレーライスもウマいんです

ジンボのカレーライスとうどんのコンボ

こだわりのカレーライスとうどんのコンボは、ジンボの人気メニュー

こちらカレーうどん。千切りのにんじんやチンゲン菜など野菜をトッピングすることも

こちらカレーうどん。千切りのにんじんやチンゲン菜など野菜をトッピングすることも

たくさんのメニューがある中、一緒に行く男性陣がいつも注文しているのがカレーライスとうどんのコンボ。以前、店長さんにその作り方を伺ったところ、カレールー自体に野菜や肉を入れて煮込まず、ルーのみを煮込んで作ったものをオーダー後に野菜と肉を炒めて混ぜ合わせるといった調理法を取るそう。長年積み重ねて作られたであろう、年輪を感じさせるカレーの味と、しっかりダシのうどんとの絶妙な組み合わせがクセになりますよ。

カレーライスをはじめ、コンボ系のメニューは、とにかくボリューム満点なので、お腹を空かせて出掛けてくださいね。ラストオーダーが21時50分(金・土曜は22時30分)と遅めで、買い物帰りに駆け込めるのも嬉しいですね。

<DATA>
■JIMBO(ジンボ)
住所:1936 S.King St.
TEL:808-947-2211
アクセス:ワイキキ・クヒオ通り山側バス停からザ・バス2番でサウスキング通り×カラカウア通り交差点で下車(所要時間約15分)、サウスキングSt.をダイヤモンドヘッド側へ徒歩約8分
営業時間:ランチ11:00~14:50ラストオーダー、ディナー17:00~21:45ラストオーダー(金曜17:00~22:30、土曜18:00~22:30)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。