日本人にとって運転しやすい国オーストラリア

「オーストラリアが日本人にとって一番運転しやすい海外の国である」と思うその理由は…

1) 左側通行で、基本交通ルールがほぼ同じであること。
2) 人口が少ないため、郊外にいけば交通量が少ないこと。
3) レンタカーに日本車が多いこと。

日本の交通システムはイギリスから学んだため、車は左側通行など、イギリスと同様になっていますよね。オーストラリアもまた、イギリスの統治下にあったため、(元)本国同様の交通システムが確立しています。

しかし、イギリスと決定的に違う点は、郊外の交通量の少なさ。比較的狭い国土に大勢の人が暮らしているイギリスに比べるとオーストラリアの人口は非常に少なく、従って車の数も比べものにならないほど少ないのです。これは運転しやすい条件の大きなポイント。

また、オーストラリアは全体的に日本車比率の高い国でもあります。ですから、レンタカーにもトヨタ、日産、スバル、三菱などの日本車がズラリ!普段運転慣れした車であるという点は、自国ブランド車がほとんどのヨーロッパやアメリカなどに比べ、安心感がグっと増すのではないかと思います。


免許証は、どうする?

ときおり個人サイトなどで、「日本の免許証でもOK」といった記述を見かけることがありますが、これは避けたほうが無難。ゴールドコーストなどの日本人観光客が多い街では、日本の免許証のみで貸してくれるレンタカー屋もあるらしいのですが、思わぬトラブルなった人も大勢います。

観光などの一時滞在者は、必ず「国際免許証」の取得、携帯を。国際免許証は日本の免許保持者なら、各都道府県警察署の運転免許課や運転免許センター、運転免許試験場などで簡単に発行してもらえます。

また、ワーキングホリデーや駐在などで長期的に滞在する場合、オーストラリアでは州毎に免許証の発行が異なっていますので、滞在する州の管轄窓口にて確認のこと。それから、レンタカーは基本的に21または25歳以上が貸出し条件となっていることが多いので、これよりも下の年齢の方は事前にレンタカー会社で確認してください。

次のページは、オーストラリアで運転するための基本情報編です。