地球の歴史を刻んだ独特の景観が世界遺産に

バングル・バングル山脈は、約3億5千万年前に土砂が堆積して砂岩となり、地殻変動によって成長した結果生まれたとされ、独特なドーム様の形状は、2千万年以上の歳月をかけて侵食を繰り返しながら出来上がった、と言われています。

特徴的な横縞模様は、微生物によって変色した黒い粘土層と鉄分を多く含んだオレンジ色の固い砂岩層が交互に折り重なってできたものなのだとか。実際目にすると、あまりにも規則正しく交互に堆積していった“自然の偶然”に驚愕するばかりです。

パーヌヌル国立公園の登録カテゴリーは、自然遺産(vii)(viii)
この自然遺産(vii)(viii)の登録基準、重要性については以下の通り。

ユネスコ世界遺産への登録基準 by UNESCO世界遺産委員会

自然遺産(vii)
類例を見ない自然美および美的要素をもつ優れた自然現象、あるいは地域を含むこと。
自然遺産(viii)
生命進化の記録、地形形成において進行しつつある重要な地学的過程、あるいは重要な地質学的、自然地理学的特徴を含む、地球の歴史の主要な段階を代表とする顕著な例であること。


アクセス&ツアー、宿泊情報

≪パーヌルル国立公園/バングル・バングル概略&旅行情報≫
総面積: 239,723ヘクタール


西オーストラリア州北東部キンバリー地区の町カナナラの南西約250km、パースの北東約2,054 kmに位置。このあたりのエリアは夏場(11~3月くらい)は雨季となるため、4月以降10月くらいまでが旅行シーズンとなります。日本のゴールデンウィーク&夏休みは、まさにベストシーズン!

基点となる町カナナラへは、ダーウィンからローカル線のエアノース・リージョナル・リンク、またはパースからカンタス航空とスカイウェスト航空が週数便運行(経由便含む)しています。※各航空会社へのリンクはこちら

カナナラからパーヌルル国立公園へは、前ページでご紹介した小型セスナ機による上空からのアクセスが一般的ですが、4WD車を利用すれば陸路からのアクセスも可能。カナナラから約4~5時間。

ただし、レンタカーなどで自力で行く場合は注意が必要です。カナナラから途中までは舗装路ですが、残りの約55kmはかなりのラフ・ロード=悪路。アウトバック走行の経験豊かなドライバーで、かつ車高の高い4WD車でないとアクセスは不可能です。セスナ機、もしくは大型4WD車を利用したツアーに参加するのがおすすめです。

また、国立公園内に宿泊施設は一ヶ所のみ。それ以外はキャンピング・エリアが数ヶ所あるだけなので、テント持参、もしくは唯一の宿泊施設に滞在することになります。

バングルバングル・ウィルダネス・ロッジ /Bungle Bungle Wilderness Lodge
※4~10月までの乾季のみオープン。
自然に無理なく溶け込むように配置された素朴なテント・キャビンが並ぶ、大自然融合型のネイチャー・ロッジ。シャワー&トイレ完備。

<カナナラからのツアー催行会社>
キンバリー・ウィルダネス・アドベンチャー/Kimberley Wilderness Adventures
アリゲーター・エアウェイズ/Alligator Airways

パーヌルル国立公園/バングル・バングルについては、下記のサイトでも紹介されていますのでご参考に。今度の休暇は、他のどこへ行っても見ることの出来ない絶景を見に、『地球最後の秘境』へ出掛けてみませんか?

【関連リンク&コラム】
地球最後の秘境、世界遺産 バングル・バングル ~パーヌルル国立公園 by JALオーストラリア・キャンペーンサイト・コラム …Vol.6をクリック!
パーヌルル国立公園/バングル・バングル(英語)by 西オーストラリア州環境保護課
オーストラリアの世界遺産

☆このページから先は、 バングルバングルのフォト・ギャラリーをお楽しみください!