上空からバングル・バングルの絶景を独り占め!


バングル・バングルのあるパーヌルル国立公園への基点となるのは、人口約5,000人程度の小さな町カナナラ。ここから小型セスナ機で上空からアクセスするのが最も一般的で、かつ人気があります。(アクセス方法の詳細は次ページで)

セスナ機は、世界有数のダイヤモンド産出地であり、ピンク・ダイヤモンドが採れることで知られるアーガイル地区、その傍らに造られたオーストラリア最大の人工湖レイク・アーガイル上空を超え、人の気配など微塵も感じられない荒野が広がる大地を眺めながら飛行。約1時間程で、横縞模様が特徴的なドーム状の岩山バングル・バングルが見えてきます!

このセスナ機による遊覧飛行は、日帰りツアーの場合はバングル・バングル上空を旋回した後、そのままカナナラへ戻りますが、宿泊を組み込んだツアーの場合は、パーヌルル国立公園唯一の滑走路へ着陸し、ウォーキングなどへ出発することになります。

また、パーヌルル国立公園唯一の滑走路からは、ヘリコプターによる遊覧飛行も可能。自由自在に飛行できるヘリコプターなら、山脈の谷間を縫いながらグングンと岩山=ビーハイブに接近し、様々な角度からバングル・バングルを眺めることができます。

窓いっぱいに広がる不思議な景観―。これぞまさしく、筆舌に尽くしがたい大迫力の絶景です!

<公園内唯一のヘリ・ツアー>
スリングエア・ヘリワークWA /Slingair Heliwork WA


バングル・バングルの谷間をウォーキング

パーヌルル国立公園内には、いくつかのウォーキング・コースが作られており、バングル・バングル山脈の谷間を歩くことができます。一番人気があるのは、カセドラル・ゴージ(峡谷)・ウォーキング。切り立った岩壁に囲まれた小さな泉を目指す、約1時間のウォーキングです。

トレッキング道の周囲は乾燥した大地なのですが、意外や豊かな緑が広がっています。植物の間には鳥達が飛び交い、さながら楽園のよう。赤茶けた岩肌を鏡のように映す泉のほとりに佇むと、大地の鼓動が聞こえてきそうなほど神秘的な場所です。

この他にも、乾燥した荒野に突然、熱帯特有の椰子の木がニョキニョキと生えている場所があったりと、このエリアならではの多様な景観が楽しめるウォーキング・コースがいくつもあります。できればネイチャー・ガイドと共に歩いて、自然が創り上げた素晴らしい造形と景色を存分に堪能してください!

バングル・バングルへのアクセス方法やツアー、そして宿泊施設等の詳細情報は次のページで。