雄大な大自然の中を馬に乗って駆け巡るのはなんとも爽快!狭い馬場ではなく、どうせなら広々とした場所で乗馬を体験したいものです。そんな人が多いからか「オーストラリアに行ったら馬に乗りたい」という声もよく聞かれます。

そこで、今回は世界遺産のブルーマウンテンズで絶景の風景を眺めながら、手軽に乗馬を楽しめるスポットをご紹介します。

≪INDEX≫
  • 世界遺産ブルーマウンテンズの美しい渓谷メガロン・バレー
  • 世界遺産の絶景を眺めながら、至福の乗馬ツアー
  • 羊の毛刈りや牛の乳搾りなども体験できるファーム・ステイ
  • データ詳細

    ブルーマウンテンズに広がる大自然の中を馬で駆け巡る!

    世界遺産ブルーマウンテンズの美しい渓谷メガロン・バレー

    メガロン・バレーは、シドニーの西126kmのところにあります。そこはブルーマウンテンズ世界遺産エリアの真っ只中!メガロン・バレーの美しい渓谷は、カトゥーンバよりさらに西に建つハイドロ・マジェスティック・ホテルから一望することができます。

    メガロンとは、オーストラリア先住民族アボリジニの言葉で「断崖絶壁の下にある谷」という意味。その谷間にあるのが、メガロン・ファーム(農場)です。開拓時代のオーストラリアを体験できるヘリテージセンターや乗馬センター、宿泊施設などを併設した一大農場になっています。

    シダ類等の植物が鬱蒼と生い茂る亜熱帯の森を抜けると、緑豊かな草原が広がる谷間に到着。見上げれば何億年という月日を刻んだ砂岩の断崖と真っ青な空が眩しいほどです。清々しい空気とすばらしい景色に、「ブルーマウンテンズにこんなところがあったのか」と思わず感動!


    世界遺産の絶景を眺めながら、至福の乗馬ツアー

    乗馬をしながら世界遺産ブルーマウンテンズの絶景が広がる

    ジューシーなTボーン・ステーキ
    メガロンの地に先祖が入植し、今もそのままに守り続けているという由緒正しきメガロン・ファームで、ぜひとも体験したいのが乗馬です。ストックマンと呼ばれるカウボーイが開拓したオーストラリアですから、馬の扱いはお手の物。初心者でも安心して乗馬を楽しむことができます。

    どうしても心配という人には、牧場内の馬場で足慣らしをする乗馬体験もありますが、おすすめなのは美しい渓谷の中へ馬に乗って出掛ける1~3時間程度のツアー。

    メガロン・バレー開拓時代の建物などが残る場所を抜け、谷間に広がる森の中へ…。朝夕の草原や木陰にカンガルーの家族を見つけられることも!馬の背に揺られながら見上げるブルーマウンテンズの断崖もまた絶景です。

    手作りのミニダンパーも美味!
    2時間のツアーにランチを組み合わせることもできます。天気のいい日には屋外でのバーベキュー・ランチとなり、美味しい空気を吸いながら頬張るオージービーフ・ステーキがまた格別!寒い日は、暖かい薪ストーブが焚かれた屋内でいただけます。

    牧場内で育てた安全でジューシーなオージービーフは本当にやわらかく、添えられた自家製野菜も美味そのもの。食後には、薪の火で焼いた手作りのミニ・ダンパーをいただいて、満腹&大満足のランチです。

    次のページは、メガロン・バレーで体験できる羊の毛刈りや牛の乳搾りなどファーム・ステイの紹介と、詳細データです。