パースにおける被害状況と実際起こったケース

パース近郊を含む西オーストラリア州では、空き巣と車上荒らし、車の盗難が多発しています。また、車内に荷物を置いたままサーフィン・海水浴している間に車をこじ開けられ、荷物・貴重品の盗難に遭う車上荒らしも多いとか。

バックパッカーズ等の宿泊施設における盗難被害が非常に多いので、常に貴重品は肌身離さず、就寝中も体に巻きつける等の防御策を。

主な被害例

各被害事件がどんな状況で起こったのか?等、事件の詳細と防犯対策については、下の「被害に遭わないために」リンクから
  1. バックパッカーズ、ユースホステル等の宿泊施設で、ノートパソコンや現金、財布などが盗まれるケースが多発。

  2. 長距離バスや列車内でトイレ等に行くため席を立った隙に、荷物がなくなっていたというケースが数件発生。

  3. 空港、ホテル・ロビー等における置引きが多発。

  4. 繁華街や路上、人込みでのスリ、引ったくりなどが多発。

  5. ゴルフプレー中、ゴルフバッグのサイドポケットにに入れていた財布や腕時計等の貴重品がいつの間にか盗まれていた。

  6. 「以前、日本で生活していた。」「兄弟が日本に住んでいる。日本のことをもっと知りたい。」「カジノのディーラーをしている。必ず勝てる方法を知っている。」などと親しげに話しかけて信用させ、大金を賭けさせて巻き上げる『いかさま賭博』被害が発生。

  7. ノースブリッジ・エリアから女性が一人で帰宅途中、後ろから近づいてきた男に突然抱きつかれ、強姦されそうになった。

【パースにおける過去の被害ケース】
2003-2004年度

被害に遭わないために …被害事例から見る防犯対策

<< 他の都市の被害ケースを見る!都市一覧ページへ戻る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。