日本とは季節が逆のオーストラリア。日本が秋に向かっているこの時期、こちらオーストラリアは春を迎えます。

春といえば、桜。でもそれは日本の話でしょ?…いえいえ、ここオーストラリアでも春は桜の季節!なんと、桜祭り=さくらまつりまで開かれているのです!!そう、春はやっぱり、桜なのです♪

街中がサクラ色に染まる春。街の中心の桜並木が満開になる様は、あたかも日本にいるかのような錯覚に陥るほど。そこは、まさにオーストラリアの中にある小さな日本。それもそのはず、その場所には、日本人もオージーもほとんど知らない(?)“日本の領土”があるのですから。(オーストラリアの中に日本の領土?…えっ??と思った方は、次ページをお読みくださいね)

ともかく、

日本の秋に、満開の桜を愛でる。

なんとも贅沢じゃありませんか?日本でお花見をした人は、年に2回もお花見を楽しめるってわけです!
そんな知られざる、オーストラリアの中の日本をご紹介します。

季節が逆の南半球オーストラリアでは、日本の秋に満開の日本桜が見られる

 

オーストラリアの真っ青な空にサクラのピンクが映える!

オージーも大好き!サクラ・マツリ

シドニーの西、約320kmのところにある『カウラ/Cowra』。そこは、日本との繋がりがとても深い街。何と言っても有名なのは、本格的な日本庭園=ジャパニーズ・ガーデン! そのカウラのシンボルとも言えるジャパニーズ・ガーデンを中心に、毎年春のこの時期に、桜を愛でるお祭が開かれています。

その名も『Sakura Matsuri/サクラ・マツリ』。
なんと、カウラの街の中心には、5kmにも渡って、約2000本もの日本桜が植えられた並木道があるのです!桜の花が満開に咲く様は、まるで日本のよう。 その並木道の名称も、もちろん『Sakura Avenue/サクラ・アヴェニュー(桜通り)』。

元々は、英語でCherry Blossom Festival と呼ばれることも多かったサクラ・マツリですが、今となってはもうすっかりSakura Matsuri のほうが定着しているよう。お祭では、折り紙教室、キモノやカラテのデモンストレーション、スシ、ティー・セレモニー(茶道)、そして相撲大会等など、日本の伝統文化に触れるイベントも催され、街はジャパン=日本一色!

近年のアジア&日本ブームも手伝って、今年はより盛大になる予定とか。2005年度のスケジュールは以下の通り。

  Cowra Sakura Matsuri/カウラ・サクラ・マツリ 2005年9月21日(水)~25日(日) 8:30開園 ※イベントは9:00頃から

毎年9~10月にかけて行われるのですが、桜の開花状況などにもより、年によって多少変わるので、詳細はカウラ・ジャパニーズ・ガーデンのサイトでチェック!

>> 次のページは、オーストラリアに日本の領土がある!?なぜカウラに本格的な日本庭園ができ、このような日本のお祭を催すようになったのか?そして、ワイン&グルメも見逃せない穴場「カウラ」の魅力について、です。