色づいた木々が美しい秋の風景
夜にはライトアップされて幻想的な雰囲気

王立博覧会ビルとカールトン公園の見どころ

前ページにも書いたように、様々な建築様式の良さをうまく取り入れたエレガントな外観もさることながら、建物内の凝った細部にも注目!中でもドーム型の天井とそこに施された装飾は、当時の優雅な西洋社会を彷彿とさせてくれるはず♪

また、周囲のカールトン公園と建物が見事にマッチした景観にも注目!春から夏にかけては、青々とした美しいグリーンや季節の花々、そして秋には色づいた木々と舞い落ちる落ち葉の情緒ある風景などなど…。自然と建築物の美しいコントランストに、思わず見とれてしまって時間が経つのを忘れてしまうほど。

そして、1888年の百周年記念万博の際に好評だった、建物のふちにライトをめぐらせ、形を浮き出たせるイルミネーションが、2001年にリニューアル!現在は、日暮れ時からの約3時間、当時を偲ばせるイルミネーション(ライト・ショー)を見ることができます。ライト・ショーは20分おきの約5分間と短いものですが、公園の池の噴水もライトアップされ、ちょっとロマンティックな時間を過ごせますヨ。


インフォメーション詳細

現在、王立博覧会ビルは、特別展示などの開催時以外では、一般には立ち入り不可ですので、内部の見学には、メルボルン博物館が催行している“館内ツアー”に参加するのがおすすめ。ツアー詳細は以下を参照のこと。


王立博覧会ビルとカールトン公園 * 地図*

色とりどりの花々が美しい春の風景
 世界遺産登録年:2004年
 登録カテゴリー:文化遺産 (ii)

 住所:Nicholson St, Carlton
 電話:(03) 8341 7777

 《館内ツアー》
 催行:毎日2:00pm - 3:00 pm
 参加料:大人/A$4, 子供/A$2
 ★館内ツアーは要予約。予約は、電話13 11 02(オーストラリア国内)、またはEメールでも可。

 《行き方》
 メルボルン市内中心部から徒歩10分程度。
 トラム86、96、または無料トラムシティ・サークルで行くこともできる。
 スプリング・ストリート停留所(ストップ)下車、すぐ。

注意)記事内の料金等は、2004年7月現在のものです。写真提供:ビクトリア州政府観光局、メルボルン博物館

【関連リンク】
都市:メルボルン
オーストラリアの世界遺産

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。