五番街の必見スポットはココ!

次におススメするのが、五番街のデパート・ブランドショップ界隈。ディスプレイデザイナーの力量が問われる、重要な時期。イルミネーションと相成って、さながらパブリック・アートのようなんですよ。

ロックフェラーのプロムナードから眺めたサックス・フィフス・アヴェニュー。
まずおススメしたいのが、ロックフェラー・センターのツリーを眺めた後に振り返ると目に飛び込んでくる「サックス・フィフス・アヴェニュー」。スノーフレーク(雪の結晶)型のイルミネーションが壁一面に広がります。時おり音楽に合わせて点滅するなど、いつまでも眺めていたい美しさです。

左に国連のライト、右にはグッチのイルミネーション。(55th Stから撮影)
そして次は、五番街を北上し、カルティエやグッチなどの高級ブランドの大胆なイルミネーションを鑑賞。57丁目の交差点には、国連のクリスタルライトがまぶしいほどに輝いています。ルイ・ヴィトンとティファニーが向かい合う賑やかな場所ですので、美しい写真が撮れますよ。

完成度の高さでバーグドルフのディスプレイは有名です。
老舗高級デパートの「バーグドルフ・グッドマン」では、ショーウィンドウを鑑賞。ここのディスプレイは、他とは一線を画す緻密さと高級感を誇ります。そのテーマは、ロマンティックでミステリアスなのが特徴的。誰もがため息をつくほどに、美しいウィンドウです。

次のページは、希望が込められたイルミネーションを!