アメリカで人気のアニメであるスポンジ・ボブ。近頃は日本でも女子高生を中心にキャラクターグッズが大売れしているのだとか。

スポンジ・ボブとは?

スポンジ・ボブは、海底の街ビキニボトムに住む男の子。2階建てパイナップルにペットであるカタツムリのゲイリーと住んでいる。ストーリーの舞台はたいていバイト先であるファーストフード店。金の亡者ともいえるカニのミスター・クラブが経営するクラスティー・クラブでバーガーを焼くのが仕事。隣に住んでいて、仕事仲間でもあるタコのスクィッド・ワードはイヤミなオヤジなんだけど、たいていスポンジ・ボブとのん気な友人でヒトデのパトリックにしてやられっぱなしなのだ。(※注:日本では多少名前やキャラクター設定を変えてある。)さてスポンジ・ボブの人気の秘密とは?

大人にしかわからないギャグもあり

我が家にもあるスポンジ・ボブグッズ。クリスマスや誕生日に長男へプレゼントされたものばかり。寝具や下着までスポンジ・ボブ一色
スポンジ・ボブはアメリカで、小さな子から大人まで一緒に楽しめる番組である。うちの長男4歳も、「好きなテレビ番組は?」と聞かれたら「スポンジ・ボブ!」と黄色い声で答える。一日に午後からだけでも30分もしくは1時間、3回放送される。

子供たちはスポンジ・ボブを見てる間中、笑っている。もちろん私もついつい笑ってしまう。大人にしかわからないギャグなども含まれているというから、奥が深い。腹の底から笑えるという子供番組は、頭を使うばかりのお勉強番組だけでなく、子供の教育にとって大切だと思う。

そんなスポンジ・ボブのクリエイターとは? 次のページへ。