3カ月以上の滞在

まずビザ無しで滞在できるのが90日までというのを頭に入れてください。これ以上になると、学生ビザなどが必要になってくるので、留学斡旋の会社などに相談して、学生ビザの申請をしましょう。もちろん自分で語学学校や大学などの情報をリサーチすることもできます。サーチエンジンにて検索してもいいでしょうし、オールアバウトの短期留学・ホームステイのガイド、南田さんのサイトでは短期留学できる学校をピックアップしているので、それを参考にするのをおすすめします。

学校を絞ったら、その学校に宿泊施設について相談してみましょう。寮や学校が斡旋するアパートなどを教えてくれるはずです。学校が選んだ宿泊施設にまず入ってみて、問題があるようだったら、生活が慣れてきた頃に自分で探すのも手です。

自分で家具付きアパートなどを探す場合、特にニューヨークでは収入を証明するもの(それがない場合は銀行の残高証明など)が必要になってくるので、契約の内容をよく理解して、英語で交渉していく能力が必要になってきます。(写真はソーホーのストゥディオの一例)

これも一年くらいの滞在におすすめなのですが、アパートシェアというのもあります。アメリカ人とシェアーするので英語がある程度できないと難しいかもしれませんが、誰とでも仲良くやっていける性格で英語の実力を伸ばしたい人なら最適です。

最後に50以上の物件を見て、今のアパートを購入した私の経験からのアドバイスです。ロケーションと予算の兼ね合いを考えてどこまで妥協できるかをよく考えるのは大切です。ロケーションの評判なども大切ですが、特に夜にひとりでその地区を歩いてみて、毎日安心して通学できるか考えてみてください。快適な長期滞在するためには、まず安心できる地区を選ぶことから始まります!


●まず目的をはっきりさせる ●3カ月以内の滞在

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。