清流の里、奥ヤンバルで過ごす夏休み

夏休みの予定はお決まりですか? もし、まだでしたら「奥やんばるの里」に行きませんか? 沖縄の自然を思いっきり楽しめる交流宿泊施設です。家族でGO!
奥ヤンバルの里
奥ヤンバルの里は沖縄最北端にあります

沖縄本島最北端。そこが国頭村の奥集落。自然以外に何もなし、というと怒られてしまいそうですが、手付かずの自然が残る沖縄本島の秘境です。

奥集落の家屋は、いまもその9割が昔ながらの木造瓦屋根。
奥ヤンバルの里
赤がわらの民家がかもし出す安らぎの風景…

コンクリート住宅が当たり前となった現在の沖縄では、貴重な景観に出会えるはず。その中にある宿泊施設が「奥ヤンバルの里」ですから、周囲との調和に配慮して赤がわらの沖縄民家風コテージとなっています。
奥ヤンバルの里
沖縄暮らしを体験できる宿泊施設です

しかも目の前には清流で有名な「奥川」が流れています。川遊びって、いくつになっても楽しいですよね。大人も子供もジャブジャブ遊んじゃいましょう。
奥ヤンバルの里
いくつになっても楽しい川遊び!

奥ヤンバルの里
家族みんなでバーベキュー!
そのあとは、家族でバーベキュー大会はいかがでしょう。満天の星空の下で食べるお肉は、きっと美味しいはず~。

沖縄の生活を体験しながら、自然を満喫。全9ホールのパークゴルフ場もあります。また、奥集落について学べる「奥交流館」が併設されていますので、お子様の、夏休みの自由研究に良いかもしれません。さらに海までは車で約5分、徒歩15分程度ですから、ビーチレジャーやフィッシングを楽しめます。

ということで、奥ヤンバルの里を利用するに当たっての注意事項が一つ。

奥ヤンバルの里
開放感あふれる室内です
コンビニもスーパーマーケットもありません。あるのは、奥共同売店だけです。共同売店とは、その地区に住む人々の共同出資によって運営される商店のことを言います。奥共同売店には、日常雑貨や泡盛などはありますが全てが揃うわけではありません。

奥ヤンバルの里に長期滞在される場合は、あらかじめ名護市の大手スーパーマーケットなどをご利用ください。このように、便利な生活に慣れた方からすると、ある程度の不便は強いられます。だけどその代わり、手付かずの自然が、ここにはあります。
奥ヤンバルの里
沖縄の海も満喫できる奥ヤンバルです

さて、奥ヤンバルの里で、お子様が発見するのは何でしょう。いえいえ、私達大人だって、一番大事なものは何かを見つけることがきっとできるはず。今度の夏休みは、山と川と、海に囲まれた奥集落に行きませんか? 

3人から8人で利用できるコテージは、1棟1万円から2万5千円です。1週間以上のご利用は、お得な長期滞在プランがありますので直接お問い合わせください。またペット(大型犬など)は室外ならばオーケーです。

■奥ヤンバルの里
住所 沖縄県国頭村奥1280・1
電話 0980・50・4141
距離 那覇空港から車で約3時間、許田インターから約1時間半
地図 NETMAP
Mail chanooku@mocha.ocn.ne.jp
HP 今帰仁村

※写真撮影協力=沖プロ写真総合企画(沖縄市中央1-17-17)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。