■ 居酒屋とは思えないプライバシー重視のゆったり空間

カップル向きの席もある海のちんぼらぁ宜野湾はごろも食堂を紹介した翌日、同じ系列店である那覇市の「海のちんぼらぁ」に行ってきました。

泡盛と家庭料理の居酒屋ですが、大変落ちついた雰囲気のお店で、居酒屋さんというよりは高級割烹といった感じです。

お料理も申し分なし!でしたよ。

海のちんぼらあのカウンター席ビル全体が「海のちんぼらぁ」です。小グループ、宴会、家族旅行、カップルなど、来店される方に合わせた客席は、他のお客様の視線が気にならないよう工夫が施されています。

嬉しいことに、お1人でいらっしゃる方のために配慮して1階は全てカウンター席となっているんです。会社帰りにふらっと立ち寄るビジネスマンの方々が、杯を傾けていらっしゃいました。これならば、ひとり旅の方もリラックスして沖縄料理を楽しめますよね。

海のちんぼらぁにはプライバシー重視の座敷もありますプライバシーに配慮した座敷、ゆったり寛げるソファールームなど、これまでの居酒屋感覚からすると、とても贅沢な作りです。ファミリー・グループ連れでも周囲に気兼ねせずにすみます。

そのせいか、居酒屋さんにつきものの「ワイワイガヤガヤ」の雑然とした雰囲気がありません。商談、デートだって大丈夫♪

■ アジクーターのなかに繊細さを感じさせるメニュー

沖縄の居酒屋さんや食堂に多いのが「ドーンと大盛り!」ですよね? 安い、多い、早いが沖縄の自慢。そこに「美味しい」が加われば天下無敵となりますが……。

海のちんぼらぁのラフテーはアジクータ「海のちんぼらぁ」の場合は、安い、早い、美味しい!です。量のほうは多すぎず少なすぎずで、適量といえます。私個人としては、食べ残すのは失礼だし、でも、あれこれ味わってみたい欲張りなので、この点も良かったですよ。

美味しかったのが沖縄料理の定番「ラフティー」(沖縄風豚の角煮)です。とても柔らかく煮込んであり、アジクーター(しっかりした味のホメ言葉)でした。コラーゲンたっぷり♪

イマイユ料理が美味しい海のちんぼらぁタマンなのかしら(沖縄の魚名はよくわからん)、イマイユのガーリック・バターもグッド! 気候のせいでしっかり火を通す文化が根付いている沖縄では、本土の人間からすると「焼き過ぎる」きらいがありますが「海のちんぼらぁ」の焼き魚は火の通し加減が絶妙で、鮮度の良さを引き立てていました。 

お店の雰囲気、料理の繊細さ、いずれも高級料亭に劣らぬ内容でありながら、驚きの低価格。那覇にお越しの際はぜひどうぞ♪

ちんぼらぁの意味は小さな巻貝のことです那覇空港からだと、国道58号線を北上し、泊港前の前島交差点右側にあります。駐車場がないので、車の場合は隣接の民間駐車場をご利用くださいね。

※ 平日でも事前予約されることをお薦めいたします。ちなみに「ちんぼらぁ」とは小さな巻貝のことを言うそうです。

【海のちんぼらぁのデータ】

場 所・沖縄県那覇市前島2・13・15
予 約・098・863・5123
営 業・17時~0時(ラストオーダー11時30分)年中無休
駐 車・無し(近隣駐車場をご利用ください)
サイト海のちんぼらぁ
地 図地図をご確認ください
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。