国際通りの楽しみ方・過ごし方とおすすめの店舗

国際通り

ゆいレールの県庁前から牧志をつなぐ「国際通り」は沖縄観光の拠点にもなる通り (C)OCVB

沖縄で一番の目抜き通りといえば「国際通り」。今や、TVのバラエティ番組や旅番組でもすっかりお馴染み。沖縄へ行ったことがない人でも名前を知る超有名な通りです。1マイルにわたりお土産物屋や飲食店がひしめくこの通りは、朝から晩まで連日多くの観光客の姿で賑わい、観光客目当ての客引きやタクシー、さらに修学旅行生たちや団体客までがぞろぞろと通りを闊歩するメルティングポットとなっています。今回は、そんな沖縄旅行の定番中の定番観光スポットである「国際通り」についてお話しましょう。

国際通りの営業時間

営業時間の目安としては、お土産物屋の多くは10時から21時くらいまで。中には22時まで営業しているお店もあるので、早めに夜ごはんを食べた人は食後に国際通りでショッピングも可能です。食事に関しては、24時には終わってしまうお店がほとんど。国際通りだからといって、特別夜遅くまで営業しているわけではないのでお気をつけください。

お土産ショッピングは国際通りで完結!

国際通り

土産物をはじめ、飲食やファッションビルが建ち並ぶ国際通り


ちんすこう、紅いもタルト、泡盛、塩、Tシャツ、琉球グラス…etc.、沖縄土産として思い浮かべるものすべてがそろうのが国際通り。お土産を買うならとりあえず国際通りへ行けばなんとかなる!という図式です。

紅いもタルトで有名な沖縄土産の定番「お菓子御殿」は、国際通りだけで3店舗。ほぼ中央ともいえるむつみ橋、松尾、そして牧志の3箇所にプラスして、牧志公設市場のそばにもお店があるので、まさに歩けば「お菓子御殿」に当たるという感じ。ちんすこうの老舗「新垣ちんすこう」も松尾と牧志の2箇所にお店があります。たまには定番以外のお菓子をお土産にしたいなら、おすすめは最近人気の「ふくぎや」。黒糖や紅芋など沖縄の素材を使った沖縄生まれのバウムクーヘンはいつもとちょっと趣向を変えたお土産としてとっても喜ばれます。

Tシャツ

お土産の定番、沖縄Tシャツは自分用にも1枚欲しい


ユニークなデザインや独特な言葉がプリントされた沖縄Tシャツも、定番の沖縄みやげ。1979年創業の老舗の「Habu Box」「JAMマーケット」などの専門店へ。大人サイズはもちろん子どもサイズも色々とそろうのでファミリーに対応できて便利。沖縄版アロハ“かりゆしウェア”なら「MANGO HOUSE」ヘ。旅のはじめに購入して、滞在中に活躍してもらうのもいいと思います。

お土産

昔ながらの技法で作られる雑貨や民芸品も沖縄ならではのお土産


手ぬぐいやアクセサリー、食器類などの沖縄雑貨を見つけたいなら国際通に2店舗のショップを持つ「海想」がおすすめです。沖縄の作家さんが作るやちむんや木工品、クバ細工やオーガニックコットンのTシャツなど自然素材にこだわった商品が多いのが特徴。

お土産

器好きならやちむんをはじめとした食器類を探すのもお楽しみ


また、雑貨好きなら見逃せないのが牧志の「ギャラリーショップ レネミア」。沖縄のクラフトやアート、アクセサリー、食器や雑貨を扱うギャラリーショップで、どれもとってもハイセンス! ひとつひとつ丁寧にセレクトされた商品は今の沖縄のハイエンドを知るのにぴったりです。特別な人への、または自分用の買い物に立ち寄りたいお店です。


時間がないときのお土産ショッピングなら、国際通りの中心に位置する「てんぶす沖縄」。1Fには観光協会が運営するショップ「ショップなは」が入っていて、様々な沖縄土産が揃います。観光協会が運営するだけあって物産展のような品揃え。やんばるの方まで足を伸ばさずとも様々な商品が手に入るので覚えておくと便利なお店。

お土産

「ショップはな」では、離島の商品も豊富に揃います


2Fは伝統工芸館となっていて、こちらも見逃せません。お土産に琉球グラスを買いたいなら迷わず「奥原硝子製造所」へ。グラスやタンブラーはもちろんとにかく商品の数が多いので、きっと好きなものが見つかるはず。ひとつひとつ丁寧に手作りされたグラスのぬくもりは他の大量生産品とは大きく異なります。

そして、沖縄旅行の思い出に三線を買って帰りたいという人は「丸高ミュージック」へ。創業50年のこちらのお店では本格的な三線はもちろん、缶を三線のように仕立てたカンカラ三線や、パーランクなどエイサーではお馴染みの太鼓なども豊富に揃うので、音楽好きは要チェック。

ふくぎや 国際通り店

沖縄県那覇市久茂地3-29-67
098-863-8006
fukugiya.com/

Habu Bos
沖縄県那覇市松尾1-24
098-861-7339

MANGO HOUSE 国際通り本店
沖縄県那覇市久茂地3-4-6
098-862-7447
https://www.mangohouse.jp/

JAM マーケット
沖縄県那覇市松尾2-8-8
098-867-0917
http://www.jam-market.jp

海想 国際通り店
沖縄県那覇市牧志2-7-22コスモビル1F
098-863-7117
海想 松尾店
沖縄県那覇市久茂地3-29-70
098-867-6631
kaisou.com/

ギャラリーショップ レネミア
沖縄県那覇市牧志2-7-15
098-866-2501
http://www.renemia.com/

ショップなは
沖縄県那覇市牧志3-2-10 てんぶす沖縄1F
098-868-4887

奥原硝子製造所
沖縄県那覇市牧志2-4-19
098-867-1242
www.mingei-okumura.com/fs/mingei/c/okuharaglass

丸高ミュージック 
沖縄県那覇市牧志2-4-19
098-867-1242
http://www2.odn.ne.jp/~ccl15190/


国際通りで沖縄グルメを完食!

国際通り

あまりにもたくさんのお店があるので、何を食べたらよいのか迷ってしまうはず!


沖縄に行ったら食べたいものとして必ず上位にあがるのが沖縄そば、ステーキ、タコライス、ちゃんぷるーなどの郷土料理。せっかく沖縄に来たのだから沖縄の食を楽しんでもらおうと、国際通りには飲食店が軒を連ね、名だたる有名店はほとんど店舗を構えます。

国際通り

看板を眺めながら、何を食べようかと迷うのも楽しい時間


沖縄ローカルのファーストフード店といえば「A&W」。世代を超えて愛されるメニューのひとつにハンバーガーがあるというのがなんとも沖縄らしく、沖縄へ行ったら毎回必ず一回は「A&W」のハンバーガーを食べるという人も珍しくありません。国際通りには牧志と松尾の2箇所に店舗を構えるので、ボリューム満点のハンバーガーやサンドウィッチ、フライにルートビアで、さらに沖縄気分が高めてみてはいかがでしょう。

国際通り

小腹が減ったときに行きたいのがエンダーの愛称で呼ばれる「A&W」(C)OCVB


沖縄県民のソウルフードである沖縄そばも沖縄旅行では必食リスト。一見単純な味なようでいてその実非常に奥が深いのが魅力です。店ごとに麺やスープに特徴があり、その違いを楽しむのがツウ。沖縄そばにはまる旅行者も多く、沖縄そばの食べ歩きを目当てに沖縄を旅するツワモノも少なくありません。

国際通りにももちろん多数の沖縄そばやがありますが、おすすめは古くからファンが多い老舗の「どらえもん」。具がそばの下に隠されて出される宮古そばのお店です。そして、最近の沖縄そばのニューウェーブの仕掛け人とも言える読谷の「金月そば」が国際通りにもオープンしているのをご存知でしょうか? こちらは「むつみ食堂」が「金月そば」としてリニューアルしたもので、食堂の内観にもしっかり昔のままの面影が残っています。「むつみ食堂」の味と「金月そば」がコラボしたちょっと珍しいタイプのお店です。つるっとしてコシが強い「金月そば」の麺を読谷まで行かずに食せるとはファンにとっては嬉しい限り。

国際通り

ひときわ目をひく「サムズ」。人気のお店にはいつも行列ができる

ボリューム満点のステーキを沖縄旅のメインディナーとして楽しみにしている人も多いでしょう。沖縄でもっとも愛される老舗ステーキハウスといえば、「サムズ」。国際通りの真ん中に位置する「サムズセーラーイン」は、大型旅客船をイメージした店内で鉄板焼きを楽しめるお店です。シェフによる華麗なパフォーマンスは見応えもじゅうぶんで子どもたちにも人気。カップルからファミリーまで幅広い層に人気です。

沖縄郷土料理とともに島唄ライブも楽しめる民謡居酒屋も沖縄旅ではぜひ体験して欲しいもの。国際通りの真ん中に位置する「波照間」では赤瓦の古民家を模した空間で沖縄の郷土料理や泡盛に舌鼓をうちながら、島唄ライブを楽しむことができます。個室もあるので小さな子どもがいるファミリー層でも気兼ねなく過ごせるのが魅力。島唄ライブが気に入った人は、二軒目にはもっとディープなお店へ足を運んでみてはいかがでしょう。


A&W 国際通り店
沖縄県那覇市牧志2-1-21
098-943-2106

どらえもん 国際通り店
沖縄県那覇市久茂地3-2-17 カネトヨビル
098-862-3525

金月そば 国際通りむつみ食堂店
沖縄県那覇市牧志131
098-867-0862

サムズセーラーイン国際通り店
那覇市牧志3-1-3
098-918-0808

波照間 国際通り店
沖縄県那覇市牧志1-2-30
098-863-8859
http://hateruma.jcc-okinawa.net/

とにかくたくさんの店が軒を連ねひしめくイメージの「国際通り」ですが、“国際”の名の由来は、昔、県庁前から安里をつなぐ約1マイルの通りのほぼ中心に「アーニー・パイル国際劇場」という映画館があり、そこから「国際通り」と呼ばれるようになったそうです。アーニー・パイル氏は激戦を極めた沖縄線の伊江島で亡くなった従軍記者で、国際劇場があったのは、現在「てんぷす沖縄」がある場所といえばなるほどと頷く人も多いと思います。

また、別名“奇跡の1マイル”の名でも呼ばれますが、これはすべてを焼き尽くされた戦後の焼け野原から想像を超えた目覚ましいスピートで発展を遂げたことから。めまぐるしく観光客で賑わう「国際通り」にも、ちゃんと沖縄の歴史があるので、ぜひそのあたりも含めて「国際通り」散策を楽しんでみてくださいね。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。