国際通り周辺の、おすすめ朝ごはんどころ

説明画像

沖縄の朝ごはんイチオシ! 「ポークたまごおにぎり本店」のポークたまごおにぎり。写真は自家製あぶら味噌が加わったオリジナルテイストが美味! このセットで360円というのは、かなり魅力的


沖縄グルメで今注目を浴びているのが、朝ご飯。沖縄滞在中に、まだ涼しい早朝から行動するという人は少なくないと思いますが、そうなると特に、旅の一日の始まりの朝ごはんは絶対手を抜けないものですよね。宿泊先の朝ごはんを堪能するのもありですが、地元の人になった気分でローカルグルメをいただくのも旅人ならではの楽しい時間です。そこで今回は、那覇の市場や国際通りの近くで、散歩がてら朝食を楽しめる話題の朝ごはんどころをご紹介いたします。


アレンジが楽しい、ポークたまごおにぎり

説明画像

いろどりも可愛い、明太子マヨゆでたまご。朝ご飯の新定番として、アレンジポークたまごおにぎりは今後もますます人気上昇の予感
 

沖縄の朝ごはんの定番といえば、ポーク卵。ポークランチョンミートを焼いたものと、スクランブルエッグや目玉焼き、焼き卵などがコンビになったもので、家庭ではもちろん、沖縄食堂でも定番のメニュー。また、最近ではコンビニなどで、ポーク卵を具にしたポーク卵おにぎりも販売されていて、こちらも沖縄では気軽に食べられる定番食です。そんな人気のローカルグルメの専門店「ポークたまごおにぎり本店」が、公設市場近くに2014年末にオープンしました。

「ポークたまごおにぎり本店」は、定番のポークたまごおにぎりにユニークな具材をプラスするという、今までになかった新しい味が多数スタンバイ。そのアイデアの豊富さとおいしさで、地元の人々からも大好評を博しています。

「朝から忙しい市場のおばぁ達に喜んでもらいたいと思いました。ポークたまごおにぎりは片手で手軽に食べられてボリュームもあっておいしいので、忙しい時にとても重宝する。だけど、毎日同じ味では飽きてしまうので、色々と具材に工夫を凝らしてみました」というオーナーの清川さんの思いの詰まった味は、公設市場のおばぁ達からも大好評。

おばぁ達に人気なのは「エビA1ソース」(270円)。沖縄人が愛してやまない、A1ソースの甘酸っぱさが絶妙にポークたまごにもハマっています。いろどりが可愛い「明太子マヨゆでたまご」(270円)や、ボリューム満点の魚フライが入った「魚フライDX」(300円)の他、自家製あぶら味噌や高菜、きんぴらなどを加えたスタンダードメニューはすべて200円とお手頃価格。

おにぎりを選んだら、こちらも沖縄定番の、朝にぴったりの優しい味わいのアオサのお汁「アーサー汁」(単品200円、セット160円)と一緒にいただくのがおすすめ。より沖縄スタイルを目指すなら、果肉たっぷりの「本気のレモンティー」(210円、セット160円)と合わせてみては?

おにぎりが4~5個とお汁やドリンクがセットとなる2種の「PTO BOX」(1080円)も販売されていて、こちらはテイクアウトに最適。飛行機の中で食べる空弁にもおすすめです。

<DATA>
■ポークたまごおにぎり本店
住所:沖縄県那覇市松尾2-8-35
電話:098-867-9550
営業時間:7:00~18:00
休み:水曜