お土産を買うなら、すき間時間を利用できる空港が便利!

pine

空港ではもちろん沖縄の旬のフルーツも購入可能。 最後の最後まであれこれショッピングを楽しめる心強い場所です。


沖縄の旅の玄関口となる那覇空港は、国内線のみならず、各国から国際線フライトが乗り入れ、また沖縄の各島々へフライトを繋ぐハブ空港です。お土産ショップやレストラン、休憩所などの施設も充実しているので、フライトの乗り継ぎで時間をつぶさなければならない時にも大変便利です。今回は、そんな那覇空港でのお土産ショッピングについて記しましょう。

※商品価格は2017年8月現在空港で調べたものです。


ガイドがすすめる那覇空港のお土産

旅行に行くと必ず気になるのがお土産です。友人や家族はもちろんのこと、会社の同僚へもちょっとした心遣いをと旅行中お土産ショッピングに右往左往する人も多いのではないでしょうか。とはいうものの、正直せっかくの旅の時間の多くをお土産選びに費やすのはもったいない気がします。那覇空港を利用して沖縄旅行をされる方は、ぜひ空港を賢く利用してみましょう。

ちょっと前まで空港のお土産ショップでは欲しいものが手に入らないというイメージがありましたが、最近の日本の空港はどこに行ってもかなりの充実度。もちろんこの那覇空港もご多分にもれず。近年は人気のスイーツショップのテナントも増え、特殊なものを覗くほとんどの沖縄土産を買うことができます。空港なら旅の最後にまとめて買い物ができるので、これは上手に活用するのがかしこい選択と言えます。では、実際の人気商品からガイドがすすめるお土産を紹介しましょう。


 オハコルテのスイーツ

ohakorute

仲良しさんや家族へのお土産にぴったりな「オハコルテ」はパッケージもかわいいのが魅力です。


フルーツタルト専門店として絶大な人気を誇る「オハコルテ」は、大切な人へのお土産にも自信を持っておすすめできる一品。那覇空港にもテナントがあり、日持ちのする焼き菓子を中心に商品が並ぶので、ぜひ立ち寄ってみてください。ことりの形をしたかわいらしいサブレ「しあわせはこぶとりサブレ」やシークワーサー(ヒラミレモン)をたっぷり使った人気の「ヒラミーレモンケーキ」、ドライフルーツとオリジナルクリームをサンドした「旅するタルトサンド」などが購入可能です。もちろん自宅用に買って帰るにもあり。

しあわせはこぶとりサブレ6枚入り778円
ヒラミーレモンケーキ 5個入り 1080円
旅するタルトサンド 4個入り 1080円


ふくぎやの幸せを呼ぶ「バウムクーヘン」

fukugiya

沖縄の幸せがぎゅっと詰まった「バウムクーヘン」は、誰にあげても喜ばれる一品。


沖縄のバウムクーヘン専門店「ふくぎや」の「バウムクーヘン」も空港にテナントを持っています。沖縄の大地と海が育んだ選りすぐりの食材「黒糖、紅芋、蜂蜜、卵」をふんだんに使い、生地を20層以上も丁寧に焼き重ねた幸せの「バウムクーヘン」は日持ちもするのでお土産にもぴったりです。プレーンをはじめ、黒糖や紅いもなどのフレーバーからどれを選ぶのかがお楽しみ。

フクギS(プレーン) 1180円
ガジュマルS(黒糖)1300円
紅の木(紅いも) 1400円


安定の人気 紅芋タルト

royal

自分用にも買って帰りたくなるROYALの紅芋スイートポテト


沖縄土産といえば「紅芋タルト」。もはや沖縄の代名詞とも言える定番スイーツですが、ご心配なく、空港ではほとんどどこのショップでも買うことができます。「紅芋タルト」といえば「ナンポー通商」「御菓子御殿」が有名で、国際通りあたりで箱買いする観光客の姿もよく見かけますが、もちろん二つとも那覇空港でも買うことができます。

ガイドのおすすめは空港のベーカリーショップROYALの「紅芋スイートポテト」。ほどよい甘さでコーヒーにピッタリです。


御菓子御殿の紅芋タルト6個入り630円 12個入り1080円
ナンポー通商紅芋タルト小630円 大1080円
ROYAL紅芋スイートポテト 6個入り 1080円


サンゴで作った35コーヒー

35

シンプルなパッケージがいい感じの「35コーヒー」。沖縄の美ら海を守るため、コーヒーを飲んでサポートができるというのも素敵です。


「35コーヒー」とは、風化したサンゴで焙煎した沖縄のエココーヒーのことで、その製造過程はもちろんのことパッケージのお洒落さからも発売以来ずっとファンを集めるブランドです。空港内でも買えるので、ぜひコーヒー好きな友達へのお土産にどうぞ。最近はドリップパックも出ているので、こちらもおすすめです。

35コーヒー 200g 1080円
J.F.Kドリップバッグ / 5P  810円