夏は離島へ

仕事で礼文島に行ってきました。
暑中お見舞いの気持ちを込め、気持のいい島風景を贈ります。
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/3/7/5/r4.jpg
▲礼文島の「高山植物園」から望む海と、お向かいの島の利尻岳。飛行機雲が縦に伸びる清々しい眺めに癒されました


//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/3/7/5/r3.jpg
▲レブンアツモリソウの開花は5月下旬~6月下旬にかけて。高山植物園では、特定国内希少野生動植物種に指定されているアツモリソウを温度調整しながら、8月下旬頃まで咲かせています


//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/3/7/5/r2.jpg
▲漁師さんのお宅でご馳走になった、ホッケのすり身揚げ。網からはずしたばかりのホッケをすり身にし、砂糖や塩で味つけして揚げた素朴な浜の味。これが旨いっ!


//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/7/6/3/7/5/r5.jpg
▲夏のお約束のウニ漁。ウニ1個には5枚の身しか入っていません。身を潰さないように殻から取り出す作業は手間暇がかかります。画像は殻から取り出したばかりのウニ。ここから未消化の昆布などを取り除き、ようやく出荷できるのです
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。