【11/22更新】今月食べておいしい食材や料理を日記風に綴っていきます。


【INDEX】
●1P:新店リポート|MARU:NI
2P:道産ラムを家で楽しむ|東洋肉店


【おいしい時間バックナンバー】
2007年10月のおいしい時間
昨年11月のおいしい時間はこちらへ
 戸井マグロ、手もみタラコなどをご紹介。
札幌のおいしい店&話題の店※おいしい時間に登場した札幌のお店のINDEXです。
ガイドの覚書き~札幌の美味な店・話題の店
おいしい時間のバックナンバー集はこちらへ


超・期待の新店リポート
MARU:NI(マルニ) From:札幌

今年の夏、テレビ東京系「出没!アド街ック天国」で取り上げられた札幌・円山エリア。札幌市の一部としてではなく、円山だけで1時間たっぷり紹介されていました。地元から見ると「そこも円山?」と思う部分もありましたが(笑)、円山エリアに足を運ぶ方が多くなったようなので、さすがテレビ効果です。
出没!アド街ック天国「札幌・円山」(From:テレビ東京)

そんな円山エリアに、また魅力的なお店がオープンしました。「MARU:NI」(マルニ)は、1階がワインショップ(地下にもセラーあり)、2階がレストランというスタイル。ワイン屋さんのレストランなので、自然派を含む1000ラベル以上からワインを選んだり、選んでもらったりが可能。面白いワインもいろいろと揃っているよう。価格帯は2000円台からあって、ボリュームゾーンは4000~5000円台。内容と価格を見るとお手頃です。食後酒の品揃えも充実。

さて、気になる料理ですが、ワイン飲みのツボを心得たビストロ料理がずらり。舌と脳に直球でくるとても明快なおいしさ! 盛り付けに凝るよりも、丁寧に丁寧に仕込むことを大切に、楽しんでつくっていることが伝わってくる、そんな気持ちのいい料理たちです。しかも、嬉しいことにボリュームたっぷり!

n3.jpg
▲三元豚のフロマージュ・ド・テッド グリビッシュソース
なかでももう一度食べたいのが、「三元豚のフロマージュ・ド・テッド グリビッシュソース」。豚頭(顔?)の皮、耳、頬肉を煮固め、表面を香ばしく焼いて登場。酸味のあるグリビッシュソース、部位の異なる食感が一体となって、ぷはぁ~幸せ。ワインが進む進む!
なんでも、毛つきの豚の頭ごと仕入れ、毛抜き、解体からシェフがやっているのだそう。解体現場を目撃したオーナーから詳細を聞きましたが、ここでは以下省略。下準備や仕込みを想像すると、ものすごーい手間暇。このひと皿が1300円とは!? 

n2.jpg
▲鶏白レバーとプラムのテリーヌ
レバー度が濃い「鶏白レバーとプラムのテリーヌ」、豊かな香りの「サフランライス詰め 鶏もも肉のオーヴン焼き」、内臓ソーセージ「自家製アンドゥイエット 」を完食。食べるのに夢中になって、すっかり写真を撮るのを忘れておりました。近々あらためて、画像をアップしますね。(11/30画像追加)

地下鉄円山公園から少し距離はありますが(徒歩7~8分)、賑やかにおいしく直球で楽しみたい方には、その価値ありです。

【DATA】MARU:NI
札幌市中央区南5西24-3-16 | TEL011-530-0202
営業時間18時~LO翌1時(日・祝~LO23時)、火曜休み
※ワインショップはTEL011-530-0101、営業時間10時~20時
http://www.vin-maruyamaya.com/