oo.jpg
■今月の表紙:シシャモ寿司
10月16日、むかわ町でシシャモ漁が始まりました。産卵のために生まれ育った川に遡上する直前の海で、底引き網漁で漁獲されます。水揚げされたシシャモをヨシの茎に刺して一夜干しする”すだれ干し”は、むかわの秋の風物詩。例年11月上旬までが漁が続きます。
シシャモは北海道の太平洋側だけに生息する希少な魚。それも遡上するのは鵡川、遊楽部川、茶路川、釧路川などに限られています。スーパーなどで見る”樺太シシャモ”と呼ばれるキャペリン(カペリン)とは種類が異なります。
子持ちのメスが珍重されますが、身を食べておいしいのはオス。産地のむかわ町では漁期のみのお楽しみ、オスを握るシシャモ寿司を提供しています。

大豊寿司のシシャモ寿司(From:読売新聞「恵みの大地」)
むかわ町HPのシシャモ紹介



【INDEX】
●1P:札幌ドーム~日ハム日本一リポート|ジビエの季節到来|海心窯しおのや~塩をオーダーしてみない?(1P目はこの下に記事が続きます)
2P:日本料理とらや~おぼろづき×松茸|札幌ドーム~日ハムリーグ優勝|朝市食堂~おにぎり|


【おいしい時間バックナンバー】
9月のおいしい時間はこちらへ
昨年10月のおいしい時間で取り上げた話題はこちら
札幌のおいしい店&話題の店※おいしい時間に登場した札幌のお店のINDEXです。
おいしい時間のバックナンバー集はこちらへ


ff8.jpg

日ハム日本一おめでとう!
札幌ドーム From:札幌

<やりました! 北海道日本ハムファイターズ、日本一おめでとう! プレーオフに続き、日ハムの日本一をこの目でしっかり見てきました。地元での胴上げを二度も見ることができ、ホントに幸せ者です。もうもう、涙、涙です。

ff3.jpg
 
第4戦で王手をかけた日ハム。第5戦の会場は「この日で決めてやるぜ」的なムードでいっぱい。ご覧ください。日ハムの攻撃に合わせ、会場は情熱のファイターズレッド一色に。入り口で配布されるボードは、ファイターズレッドと北海道の大地を表すファイターズゴールドのリバーシブル。
中日にリードされていましたが、不思議と負ける気がしなかったのは、私だけではないハズ。

ff7.jpg
第5戦の観客動員は4万2000人。テレビの視聴率は札幌地区が52.5%! 瞬間最高視聴率はなんと73.5%! ヒルマン監督の言葉を借りれば「シンジラレナ~イ!」。ラジオ観戦を含めると、どれくらいの道民が応援していたんでしょうね。まさに北海道がひとつになったといってもいい日ですね。

ff2.jpg
▲パ・リーグ最強といわれる森本・新庄・稲葉の3外野手。頭にグローブをのせるこの姿はもうお馴染みになりましたね
ダルビッシュ投手の自己最速の153キロ、金子選手のスクイズ、田中賢介選手の2盗塁、セギノール選手と稲葉選手のホームランと感動的なシーンは多々ありましたが、この日はやはり新庄選手。
守備中、少しでも時間ができると外野席を振り返り、手を振ったり、ボールを投げ入れたりと、いつも以上にファンサービスしている姿が印象的でした。

ff4.jpg
▲8回裏、新庄選手の最後のバッターボックス。会場は総立ちの大歓声。突き上げるメガホンで画像が撮れない…
勝利が近づくにつれ、現役の姿を見られるのもあとわずか。そう思うと複雑な心境に。新庄選手を入り口に、野球のさまざまな楽しみ方を教えてもらいました。数字だけでは表せない、記憶に残る選手ですよね。

ff.jpg
北海道に来てくれてホントありがとう!
北海道に元気をありがとう!

【関連サイト】
北海道日本ハムファイターズ公式サイト
札幌ドーム



o.jpg
▲フルーツのソースとの相性がよく、フランス料理ではお馴染みの組み合わせ

ジビエの季節到来

25日、道東でエゾシカ猟が解禁になりました。ジビエの季節の到来ですね。北海道を代表するジビエ・エゾシカを食べに出かけませんか?

羊の次はエゾシカ! 冬の北海道でジビエを
エゾシカの豆知識からエゾシカ料理のおすすめ店までご案内。

食の社会科見学(From:開発こうほう)
ガイド小西の連載エッセイよりエゾシカの話題。PDFファイルです。


c12.jpg

塩をオーダーメイドしてみない?
海心窯しおのや From:黒松内町

当サイトで何度かご紹介している、三段釜で焚き上げた自然海塩が評判の「海心窯しおのや」さんが、何やら面白いことを始めました。
使う海水や粒の大きさが異なる塩匠(しおしょう)シリーズと、世界で1つだけの塩のオーダーメイドを始めたというのです。
詳しくは下記のガイド記事をチェックしてみてください。

北の海を釜焚きした”塩”をオーダーメイド