INDEX
森のカフェで体に優しいメニューと“みそづくり”体験
“刺身コンニャク”作りが体験できる渓谷沿いの温泉宿
■親子で「そば」を食べるならこんなお店がおすすめ!

奥多摩と言えば「そば」は欠かせません

清流のまち奥多摩では「そば」は欠かせないメニューのひとつです。お店がたくさんあって迷っちゃう、というママのためにおすすめのお店をご紹介しましょう。 ちなみに……1ページ目でご紹介している「森のカフェ アースガーデン」にも地元の名産、わさびを使った「わさび三昧そば膳」などがあって好評です。

標高700mの高台にある行列のできるそば屋

とちより亭(ヤマメの炭火焼)
炭火で焼くヤマメは皮はパリッと、中はふっくら。
青梅街道を奥多摩駅方面から奥多摩湖方面に向かっていく途中、トンネルを過ぎてすぐを左折して山道を登っていくと一軒のそば屋からやまめを焼くいい匂いが……。ここは標高700mという高台にある「とちより亭」です。

とちより亭(店内)
木のぬくもりを感じる店内。
土・日には行列ができることでも有名で、マスコミでも数多く取り上げられています。地元のファンも多く「観光客が増えてくれるのは嬉しいけれど、地元の人が入れなくなっちゃうのが悩みかなぁ。」とご主人も照れ笑い。

とちより亭(天もりそば)
香ばしく焼かれたそば饅頭は、おやきともまた違った独特の食感。
メニュー(食事)はシンプルに「もりそば(800円)」、「とろろそば(1,000円)」、「天もりそば(1,200円)」に「ヤマメの炭火焼(600円)」を加えた4つのみ。どのテーブルからも「うまいね!」の声が聞かれる「そば」は、こだわりの7割そばで、もちろん手打ち。盛りが多めなはわざわざ山道を登って訪れた観光客としてはありがたい点です。同店では全てのそばメニューに出される刺身こんにゃくと中にあんの入ったそば饅頭もすべて手づくりなのだそう。

天もりそばには野菜の天ぷらがついています。季節によって地元の食材が使われるのだそう。サクッと揚がった天ぷらは、衣の量、揚げ加減など野菜のうまみを引き立てる絶妙なバランスに思わずにんまりしてしまいました。

隣にはそば打ち体験道場もありますので、希望する場合は事前に予約を。

【DATA】
とちより亭

  • 住所:東京都西多摩郡奥多摩町境660
  • 地図:Yahoo!地図
  • TEL:0428-83-8666
  • 営業時間:10:00~16:00(金・土・日・月のみ営業)
         ※冬季(12月中旬~2月頃)は休業予定

    喫茶店で出される、そばサラダ

    山鳩(外観)
    山鳩の大きな看板が目印。
    鳩ノ巣駅前にあって地元の人にも愛されている喫茶店「山鳩」はロッジ風の外観が周囲の自然に違和感なく溶け込んでいます。ギャラリーとしても使用されている店内では、期間ごとにかわるアートも楽しめ、メニューでは自家製のオリジナルケーキが人気です。場所柄、ハイキング帰りに立ち寄るお客さんも多いのだそう。

    山鳩(そばサラダ)
    野菜と一緒にさっぱり食べるのが「山鳩」風の「そばサラダ」。
    同店では実は食事メニューも充実していて、中でも人気なのが、程よい酸味のドレッシングでさっぱりと食べられる「そばサラダ」。野菜もたっぷりと使われているので、まさにサラダ感覚で食べられるそばは、子供や女性にも好評です。

    山鳩(チキン)
    喫茶店と侮ることなかれ!外はカリッと、なかは箸でも簡単にほぐれるほどやわらかくジューシーなチキンが実に美味!
    喫茶店のイメージが強いので、意外な気もしますが、秋の味覚のひとつ「むかご」入りのご飯や、2時間以上もオーブンでじっくりと焼き上げたチキンなど、手間と時間をかけたメニューに出会えるのも楽しみなお店なのです。

    【DATA】
    山鳩(YAMABATO)
  • 住所:東京都西多摩郡奥多摩町棚沢380
  • 地図:Yahoo!地図
  • TEL:0428-85-2158

    【関連】
  • 食欲の秋を親子で満喫!
  • 残暑~紅葉まで!子供も楽しい秋の長瀞へ
  • 巡る、流れる、子供と川下りで紅葉狩り

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。