特急を乗り継ぐ場合は一緒に購入(乗継割引)

JRの運賃を理解して”ついで旅”へ出発!
JRでは一定の条件にしたがって特急・急行列車を乗り継いだ場合、一方の列車の特急料金、急行料金、指定料金が半額になるんです。

例えば、東京から新幹線で米原へ、そこから、しらさぎに乗り換えて金沢まで行く場合

東京~米原(通常期)の指定席利用の場合……4920円
米原~金沢(通常期)のしらさぎ指定席利用の場合……2610円(※)

普通に合算すると7530円となりますが、当日中に乗り継ぐのであれば乗継割引が適用されます。一緒に購入すれば米原~金沢間の特急料金が1300円と半額になり1000円以上も安くなります。(2610円÷2=1305円……10円未満切捨て⇒1300円)


列車の指定は1回までは無料で変更ができますし、乗継列車の時間などが未定な場合は自由席で手配しておくのもいいでしょう(※この場合、改めて指定席にする場合は追加料金が必要です)。

乗継割引は、トータルで窓口で購入すれば自動的に適用されるので、“特急料金はまとめて購入するほうがお得なことがある”ということを頭に入れておけばいいでしょう。ただしエクスプレス予約の利用など、割引切符を利用した場合は乗り継ぎ割引が適用されないケースがありますのでご注意ください。

また乗継割引は東京駅での乗換は適用されないなど、実はルールがとっても煩雑。適用されるかどうかが知りたいときは、乗換検索を利用すると便利です。
例えば今回であれば、
手順1.トータル経路(東京~金沢)で検索します。
手順2.次に乗換え後の 米原~金沢で検索します。
手順3.米原―金沢間の特急料金を、手順1と手順2の場合を比較する
この場合はトータルで検索した方が、米原~金沢間の特急料金が安くなっている(半額になっている)ことから、乗継割引が適用されると判断してオーケーです。

ナビタイム~乗換検索
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。