同行者によってホテル選びを

キッズルームがあるか否かもファミリー向けホテルを選ぶ判断の目安に
大人のカップル向けリゾートに、小さい子供連れのファミリーで行っても居心地は悪いもの。また、その逆もしかり。リゾートによっては滞在者の年齢を「15歳以上」などと、制限しているところもあります。ファミリー向けか否かの判断基準のひとつに、“プール”があります。子供用プールを用意しているところは、ファミリーに対して理解が深いところが多いようです。

女性ひとり旅ならば、こぢんまりとしたリゾートがおすすめ。スタッフとの会話が取りやすく、仲良しになれたりします。また、いちばん困るのが食事ですが、小さなリゾートならばひとりで食べていても、周囲の賑やかな雰囲気に呑み込まれることは少ないでしょう。

シニアの方におすすめなのは、やはり施設が整った大型ホテル。かつ、日本人ゲストリレーションが常駐しているようなところがおすすめです。英語が流暢な方は問題ないのですが、何か困った時に細かなニュアンスを伝えるには、やはり日本語が使えるとありがたいものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。