ビーチリゾートはどう選ぶ?

ビーチによって個性は様々。そしてツーリストの旅の条件も、これまた様々。この組み合わせがピタッとはまった時に、旅は「あぁ楽しかったぁ!!」と満足度も高くなります。ここでは、ツーリストの条件によって、選ぶポイントを考えていきましょう。

たとえば、“ビーチリゾート”といってもキャラクターはそれぞれ違います。まず距離からしても大幅な違いがあります。サイパンやグアムならば日本から3~4時間で行けますし、アジアのビーチでも4~7時間と、比較的ラクでしかもダイレクトフライトが飛んでいます。タヒチやニューカレドニアにもダイレクトフライトはありますが、やはり8~10時間、モルディブやモーリシャス、セイシェルはさらに時間がかかります。カリブとなると、米国での乗り継ぎを考えると、日付変更線のトリックで同日インができても1日くらい移動に取られると考えた方がいいでしょう。

また、予算的には近場はやはりお手頃なのですが、滞在するホテルによって値段は違います。一概に「近場=安い」とも言えないのです。そして、できれば旅行する時期にいちばん旬なビーチを選ぶことも大切。さらには、同行者によってもホテル選びは大切で、カップル向け、ファミリー向け、女性二人旅向け、グループ向け、シニア向けなど、旅の趣向にあったステイ先を選ばないと、どこか居心地があまり……なケースも。

何度も書いてしまいますが、ビーチにはキャラクターがあります。ショッピングも楽しめるシティ派もあれば、美しい自然しかないネイチャー派もあります。活気やお祭り騒ぎができるビーチもあれば、隠れ家的にしっぽりとおこもりするビーチも……。その上、海の美しさにも好みがあって、浅瀬でキラキラ輝くビーチが好きな人がいれば、シュノーケリングが楽しめる深い藍色が好きな人もいるし、海と山とのコントストを楽しむ人もいます。マイタイプなビーチがわかっていると、ビーチ選びもスムーズです。

ツアー料金の目安は?

サイパンのマニャガハ島。近場といえど、侮れない美しさ!
前提として、ここではパッケージツアーのお話をしますね。なぜなら、ポピュラーなビーチにおける一般的な旅は、やっぱりパッケージツアーがお得だからです。

予算によって、大まかなビーチリゾートのエリアが決まってきます。
具体的には、5万円以下ツアーならば近場のグアムやサイパン、マリアナ諸島、そしてアジアンビーチが射程範囲になります。これらのエリアなら、5万円以下で3~4日間ツアーが可能です。近場はアクセスがラク&気軽に行けるのも魅力です。

予算があれば、ホテルのランクを上げて優雅に過ごすのも、アリでしょう。バリ島やプーケットはホテルによってツアー料金が大幅に違います。たとえばバリ島ならば、同じ6日間ツアーでも4~28万円前後まであるのです。ツアー選びは値段だけをチェックせずに、滞在するホテルや含まれている内容を吟味することが大切です。

平均的なツアーの大まかな料金目安としては、7~10万円くらいならハワイ、10万円前後ならニューカレドニアやフィジーなど。20万円前後ならモルディブ(時期により、10万円を切るツアーもあります)、カリブ(カンクン、バハマ、ジャマイカ)など。30万円前後ならタヒチなど。

また、ツアー全体の出費を考えれば、現地での物価のチェックも大切。物価が安いのは、やっぱりアジア。アジアでもリゾートエリアでは国際基準なところがありますが、よりローカルに近いスポットでは、今の円高もあり、かなりウハウハな滞在ができるはずです。

一方、毎回びっくりしてしまうのがタヒチやニューカレドニアのレストランやホテルでの食事。朝食やランチに3000円、ディナーは5000円~1万円近くかかったりします(一人料金)。ただ、ローカルに近いレストランやスーパーなどは、庶民価格。パンだけかじっていれば、安く上げられますが、せっかく豪華なリゾートに滞在しながら、それも寂しいなぁ……と。

モルディブもレストランは高めなのですが、リゾートによって大きく左右します。フルボード(3食付き)のツアーは、3食ビュッフェのケースがほとんどなので、お手頃です。