グアムとサイパン、どこが違う?

グアムとサイパン

マリンスポーツが各種楽しめ、白砂ビーチの美しさにも定評がある、サイパン沖のマニャガハ島

日本から行きやすい海外ビーチ、グアムとサイパン。ガイドブックを見る限り、共通した要素が多く、どちらにしたらいいのか、悩んでしまいますよね? 今回はこの2つの近場海外ビーチの違いについて、考えてみましょう。 

グアムとサイパンの共通点

まずは共通項からおさらいしてみましょう。

■日本から近い、時差も+1時間
グアムとサイパン、どちらも日本から直行便で約3時間30分。時差も+1時間と、カラダに負担がなく、気軽に旅立てるのが魅力。

■マリンスポーツやゴルフなど各種アクティビティ
グアムとサイパン

マリンスポーツのみならずゴルフも本格的なプレイが楽しめます

ダイビングはもちろん、各種マリンスポーツが楽しめます。ウォーターパークも、どちらの島にもあります。マリンスポーツ基地のように1日遊べる沖の小島も、サイパンならばマニャガハ島、グアムならばココス島などがあります。チャンピオンシップゴルフコースがあるのも共通項。

 
■ホテルライフもショーやマーケットなどのエンターテイメントも

グアムとサイパン

グアムの顔ともいえる、メインエリアのタモン湾。主要ホテルや各種エンターテイメントが揃っています

グアムとサイパン

キッズに嬉しいウォーターパーク。こちらはサイパンワールドリゾート内のウェーブ・ジャングル

どちらにもオンザビーチのホテルがあり、充実したリゾートライフが送れます。サイパンはガラパンを中心に島の西側の海沿いにホテルが点在。一方、グアムはタモン湾にホテルが集中しています。どちらの島のホテルもファミリーに対するケアが細かいのも、特徴でしょう。

また、グアムとサイパン、どちらにも『サンド・キャッスル』があり、ディナーショーも楽しめます。 

 

■モールやストリートマーケットなどのショッピング

グアムとサイパン

チャモロ・ビレッジでは毎週水曜日の夜、縁日気分が楽しめます

活気溢れるストリートマーケットも、グアムなら毎週水曜日にチャモロビレッジ・ナイトマーケットや毎週土日のデデドの朝市。サイパンでは毎週木曜日にガラパン・ドックでガラパン・マーケットを開催。どちらにもDFSギャラリアがあり、ショッピングモールもあります。

 

グアムとサイパンの違いは?

グアムとサイパン

サイパンのメインビーチはマイクロビーチ。けれど、島のあちこちに穴場ビーチが

まず、大きさが違います。サイパンは約120平方キロメートルなのに対し、グアムは約541平方キロメートル。4倍以上のサイズがあります。多くのグアムのツーリストはタモン湾のみで過ごす場合が多いでしょうが、レンタカーを借りて一周してみると、その大きさと島の裏側の素朴さとのギャップに驚くことでしょう。

グアムとサイパン

アウトレットやセレクトショップなど、お買い物が楽しいグアム

また、どちらの島にもDFSギャラリアはありますが、グアムの方がほかにもショッピングモールの軒数は多くあります。たとえば、グアム・プレミア・アウトレット、マイクロネシアモール、タモン・サンズ・プラザ、JPスーパーストア、ザ・プラザなど、ブランド品からセレクトショップまでお買い物が充実しています。

サイパンにもジョーテン・ショッピングセンタースーパーマーケットやプライス。コスコなどのスーパーがあり、手頃なお土産探しに便利です。

 

そして、これは感覚値かもしれませんが、島の雰囲気が違います。サイパンは南の島らしい時間がゆったりと流れていて、チャモロの人々との触れ合う機会がより多い気がします。ドライブでビーチめぐりに出かけると、穴場なビーチならばほぼ貸し切り状況でのんびり過ごせることも。季節によっては、真っ赤なフレームツリー(南洋桜)が咲き乱れ、南国気分もたっぷり。こぢんまりとした居心地の良さがあります。

グアムとサイパン

グアムの中心地、プレジャーアイランドには水族館も

一方、グアムはもっとアメリカンというか、シティビーチという印象でしょうか。タモン湾を高層ホテルが縁取り、ショッピングセンターやレストラン、水族館などが大通りに連なっています。タモン湾から離れてみると、米軍関係者の多いダイナーやローカルで賑わうレストランなども。

ガイドブックで紹介されている内容は一見似ていても、空気感や規模が違い、それぞれ魅力が異なるグアムとサイパン。どちらも近場ですし、両方を旅してみて、違いを体感してみるのも一案です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。