朝は5分でも長く寝ていたいもの。でも、その日1日を快調にスタートするためのポイントは、その5分が大事。朝の限られた時間を有効に使いたい人の収納技。
朝食を摂ってメイクもしっかり仕上げて出掛けるコツは、事前の下ごしらえがポイント。朝の支度に手間取らないためのセット収納をご紹介します。

クイックメイクセット

モノが挟まったり汚れたりを予防するためにハンカチを使います。
洗顔とスキンケアそしてメイクまで、身だしなみのスタートはテキパキ且つ丁寧に仕上げたいもの。朝のメイクは、その日1日の気分を左右してしまうほど大事な習慣です。
化粧台の前で、ゆっくりじっくりメイクできると良いのですが、そうはいかない朝を過ごしている人も多いはず。

そこで、忙しい朝のクイックメイクの下ごしらえ。まず、朝使いのスキンケア、メイク、ヘアケア用品を厳選します。ここで大事なことは、必ず使うモノだけに絞っておくこと。あれもこれも入れてしまうと、探しにくくて時間の節約にならないのです。 スキンケア用品は、ミニボトルに小分けにしたトラベルサイズにしておくという方法もあります。

ついでにフェイスタオルも横に吊してみては?
更に、このメイクセットに必ず加えておきたいのが、ポケットタイプのクレンジングシートとティッシュペーパー。メイク中に汚れた指先をきれいにするための必需品です。

次に、選び抜いたメイク用品をバスケットの中にひとまとめにして仕舞います。バスケットはハンドルのついたタイプが便利。ハンドル付きなら、メイクセットを都合の良い場所へ持ち運ぶことができます。

最後に、このメイクセットの定位置を決めます。慌ただしい朝のことですから、洗顔をする洗面所が最適。 バスケットを洗面台に置くと場所ふさぎになるので、ツッパリ棒やフックを使って吊り下げると省スペースです。

クイックモーニングセット

冷蔵庫に仕舞うならプラスチックのバスケットを使うと良いでしょう。
時間がない、食欲がないからと言って朝食を抜く習慣が身に付いてしまうと、生活のリズムが乱れたままになって、規則正しい食生活を送れなくなってしまいます。メイクの時間はとるけれど朝食は抜きという人は、朝食抜きの生活を見直しましょう。

そこで、これなら実行できる朝食用の飲み物と食べ物を決めます。調理をしなくても手軽に作れる朝食。例えばお湯を注ぐだけでできる袋物のコーヒーやスープ。ビスケットに蜂蜜やジャムといったクイック朝食用のセットを工夫します。
そして、カップにスプーン、お皿を朝食セットと一緒にバスケットの中にまとめておきます。

毎朝、このバスケットに入っている食品を最低でも一つは朝食として摂ってから出掛けるよう心掛けましょう。 朝食をきちっと摂る習慣のある人も、卵、ヨーグルト、牛乳、ジャム、野菜などを、材料をバスケットにひとまとめにして冷蔵庫でスタンバイさせておくと、朝食の手際が良くなります。

忙しい朝の習慣を見直して、手早くしっかりとメイクして更には朝食も摂って元気に出勤してくださいね。

その日の過ごしかた、これからの生きかたにつながる新・収納術。ガイド著書「朝、着る服に迷わないハッピー収納術」 をどうぞご覧ください。

▼関連リンク
限られたスペースを使いこなす工夫。 浴室・洗面所とトイレの収納 【All About 収納】
メイク、朝食を更に一工夫のアイディア。 甘党さんの朝食選びなら 朝イチの活力*チョコレート 【All About スタイリッシュレシピ】
5分メイクが鍵を握る。 忙しい朝の”時短メイク術” 【All About メイクアップ】

記事の更新情報については、メールマガジンでもお伝えします。購読を希望される方はこちらからご登録ください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。