「ねえ、ねえ。○○さんが近所にお家を買われたようよ!」
「△△さんは海外に引越しですって!」

年間500万~600万人の方が引越しされるといわれる現在。たかが引越しでいちいちお祝いなんか…、と考える方も多いでしょう。一概に引越しといっても、借り換え、物件の購入、転勤、海外への引越しと千差万別。引越す方に対する思いも様々と言えます。

しかし、どのケースにしても人生の船出には違いありません。気持ち良く送り出してあげたいという思いがあれば、それを形にしてみてもいいのではないでしょうか?

最初のハードルは予算決め

引越し、贈り物
大切なのは気持ち。形にしないと伝えきれないことも……。
「何か差し上げたい」と思っても、何を贈ればいいか迷ってしまいそう。いつの間にか「なんか面倒くさくなっちゃった!」と時間切れ。せっかくの気持ちが伝えられないなんてもったいないですよね。

まずは予算から決めてみてはいかが?付き合いの程度、引越す距離、新築祝いに招待されているかどうか、などによってもかなりの幅があるようです。ガイドが独自で行ったアンケートの結果、下記がおおよそのレンジでした。もっと少ない予算を考えている方でも、何人か集まればちょっとしたものを買うことができそうです。

転勤…1,000円~5,000円
新築(新築披露に呼ばれていない場合)…3,000円~5,000円
新築( 〃  に呼ばれた場合)…5,000円~10,000円

上記はあくまでも友人・知人の場合。親戚や兄弟の場合は、これより高めと考えましょう。転勤の場合は5,000円~、新築祝いで30,000円~100,000円位が目安。お祝いは高額になればなるほど、商品よりも現金(ギフト券)が喜ばれます。

次のページ 予算が決まればいざ贈り物!>>