【長距離輸送の場合】

長距離輸送の場合、生の食品はほとんど全滅に近いでしょう。そこで、宅配の大手が提供する保冷宅配サービスを利用するのが一番です。

引越し前日に、ダンボールの内側にビニール袋を入れ、ビニールの中に食べ物を。宅配の会社に持ち込んで、搬入日の夕方指定で送ればOK。輸送中は冷蔵車や冷凍車で運搬され、最寄の支店で冷蔵庫や冷凍庫で保管されます。

これは大量に冷凍食品がある場合にも使えます。ドライアイスを購入するよりお得な場合もあります。梱包は発泡スチロールなど必要無く、箱に詰めてすぐ持ち込めば、ほとんど溶けずに運べます。

注意が必要なのは大きさの制限です。宅配の各社に問合せをしてみて下さい。また、集荷のサービスの有無についても事前に確認が必要です。

※食品は意外と匂いが強い物です。梱包の際には箱の内側にビニール袋を入れるのを忘れずに。また、箱は丈夫な物を選ばないと霜や湿気で底が抜ける場合が有ります。

最近は、クーラーボックスをレンタルできる引越し業者も有るようです。引越し業者さんにも相談してみると良いと思います。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。