お見舞い金について

正直なところお見舞い品で一番うれしいのは現金かもしれません。入院すればいろいろお金はいります。そんな場合に現金は使う側の都合で自由になります。一般的には親しい同僚や友人後輩など自分と立場的に同じであれば現金を贈っても問題ありません。

しかし、目上となると話は別です。目上の方に現金を贈る事はタブーとされています。では、絶対に贈る事がむりなのでしょうか。そうではありません。形を少し変えれば贈れます。商品券やギフトカードであれば失礼にあたらないという考え方がいまでは一般的になっています。贈る時も、「お好みの品がわからなかったので…」などと現金を贈る失礼をわびる一言を添えて渡すようにします。

お見舞金の目安:3千円~1万円程度。4(死)9(苦)は避ける。
友人:5千円、親戚:5千円~1万円、会社関連:有志で1人3千円程度

贈答様式

表書き「お見舞」「御見舞」「祈御全快」
「御伺い」…目上の方


水引は紅白結び切りまたはあわじ結び、のしなし。白無地の封筒や左に赤い線が入ったものでも。

参考:病気やケガなどのお見舞いには、二度とないように願って紅白の結び切り又はあわじ結びをもちいますが、紅白が祝い事のようで違和感を感じる人もいます。そのような場合は、下記のような左に赤い線の入ったものを使うといいでしょう。