3月は卒業式・卒園式。4月は入学式・入園式。 どちらも、こどもたちの成長を実感する、家族にとって大切な行事ですね。
これらのお式に出席するにあたって、何を着ていこうかしら?と頭を悩まされる方も少なくないのではないでしょうか。。。

むかしは多く見受けられた着物姿の父兄は最近では少なくなり、特別にきっちりとしたフォーマルウェアにこだわる必要はないというのが、現在の主流な考え方です。
あくまでもこどもたちが主役であるということを忘れず、華やかさを残しながらも、落ち着きのあるデザインの服を選びましょう。


・・・・幼稚園・小学校・・・・

最近では普段も着ることができるようなスーツやワンピースが多くなり、父親も普通のスーツ姿がほとんどのようです。
色は黒や紺などを選ばれる場合が多いようですが、色を落とす場合は、デザインを明るめでかわいらしいものにしましょう。
夫婦揃って出席する場合は、服装のなかにさりげなく合わせたポイント使いがあるといいですね。 たとえば、父親のネクタイの色と母親のスーツのメインカラーを合わせるなど。
また、春らしく淡い色使いのやわらかい雰囲気の洋服も素敵です。 この場合は、父親のスーツをダークカラー(ネクタイは春らしい色合いを!)にすると、母親が引き立ちます。


・・・・ワンポイント・・・・

3月から4月初旬はは寒暖が激しい季節。 季節を先取りした春用の洋服だと、底冷えした会場等では寒さを強く感じる時があります。 ひざ掛けやカイロなど防寒対策も忘れずに。
また、記念品やお子さんの道具類など、持ち帰り品が多くある場合があります。 色を合わせたトートバックやおしゃれなデザインの風呂敷等を持ち合わせていると便利です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次のページでは、中学校・高校・大学の入学・卒業式の装いと、和服の注意点をご紹介します。


1 / 2 次へ>>