エッセンシャルオイル(精油)

エッセンシャルオイルとは、植物(花や草、木など)から芳香成分を抽出した 100%天然の香り高い物質=精油のことを指します。 精油の分子はとても小さく、呼吸で吸収されたものが身体の細胞の中にまで取り込まれ、 体内の毒素を取り除きます。

代表的なエッセンシャルオイルとその効用

作 用特 徴
鎮静抗うつ殺菌・消毒鎮痛消臭リラックス集中リフレッシュ
カモミール*



ゼラニウム*




ティートリー





ペパーミント*




ベルガモット
ユーカリ




ラベンダー*

レモン




レモングラス


ローズマリー*



*:妊娠中の使用は避けて下さい。
(神奈川県愛玩動物飼養管理士会勉強会資料より抜粋)

これらの効用は必ずあらわれるものではありません。 個体差がありますので、効果が強くあらわれる子もいれば、 何も効果があらわれない子もいます。 また、なにかの香りに対して悪いイメージをすでに持っている場合には (常に叩く人がつけている香水の匂いとか)、その香りは嫌いなことが多いです。 それを無理に嗅がせても効果はあまり期待できません。

上記の表には、ラベンダーのようにいくつかの効用があるものがありますが、 全ての効用が期待できるというわけでもありません。 個体差によりこの中のどれかの効果が期待できる、と考えて下さい。

エッセンシャルオイルはひとつずつで使わなければいけないものではありません。 混ぜることにより相乗効果が出ますので、いくつかのものを混ぜて使うといいでしょう。 ただし、混ぜた結果が必ずいい香りとなるとは限りません。 気分が悪くなる香りになってしまうこともありますので、少しずつ試しながら混ぜていくといいでしょう。

アロマテラピーに使うエッセンシャルオイルを扱うお店は増えてきたように思います。 お店によってはペット用にエッセンシャルオイルをブレンドしてくれるお店もあるとか。 もしそういったお店を見つけたら、いろいろ教えてもらうといいかと思います。 自分のペット専用のブレンドを作ってもらうのもいいかもしれません。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。