猫が悪いわけではないのです
猫が悪いわけではないのです

猫が好きな人、嫌いな人、双方で考えていきたい問題

前回の記事にも書いたとおり、まずはこれ以上猫の数を増やさないことが第一です。
猫が好きな人は猫が苦しむ姿を見ることが減り、猫が嫌いな人は猫の数が減ることで苦情が少なくなる、双方の願いはある部分では同じです。

今まで何もしないで猫が増えるがまま、ほったらかしにしてきた地域は、猫の数を減らすのに時間がかかります。
人も動物も同じ地域で、お互いに良い社会に住みたい、と願うのであれば、「猫の好きな人だけが何かをしなければ」というのではなく、全ての人が問題意識を持って、話し合い、解決に近付くための努力をする必要があるでしょう。

「あなたは猫が好きなんでしょう。好きな人がやればよいのよ」
「かわいそうと思うんだったら、あんたが飼えばいい」
不妊・去勢手術の為に捕獲活動をしていると、必ずといってよいほど、そのような言葉を投げかけられます。
自分の家のことだけでなく、自分が住んでいる地域全体を見渡す余裕があれば、もっと住みよい社会に変えることができるのではないかなぁ、と思います。が…、実際はそれを伝えるのもなかなか難しい状況の方が多いです。

猫の好きな人も、嫌いな人も両方が歩み寄ることはできないのでしょうか?
好きな人だけが何かをしなければ、という考えでは何も始まらないのではないでしょうか?

動物にはその動物を守るための法律が存在します。何故そんな法律が存在するか考えてみて欲しいのです。
人が人として生きていくために、なにもかもを否定するのではなく、そこにある存在をまず認めることからスタートしたい、それが人としての健やかな精神状態につながるのでは、と思います。

人と猫との共存を理想として…
人と猫との共存を理想として…

猫は人のそばで暮らすことを選んだ動物

猫は人のそばで暮らしている動物です。
人里離れた場所でも、環境によっては(数に限りがありますが)自立している猫もいるでしょう。しかし、人のそばにいる方が暮らしやすいと、学習した猫族は、人のそばで暮らすことを選んだのです。

人も猫に救われる瞬間があるのです
人も猫に救われる瞬間があるのです

続いて、「猫トラブル0を目指す地域猫活動について」→