前回の記事でご紹介した“わんこの湯”にある、もう一つの提携施設をご紹介します。“わんこの湯”は、隣にある人気温泉“ほったらかし温泉”の湯をそのまま引いてきてありますが、この施設もその同じ温泉を利用しています。

リラクゼーション、ダイエット、アンチエイジング、フィットネス、リハビリテーション、この5つのプログラムが用意された、犬のためのフィットネススパです。

=Index=
・病気にならない体をつくるために/プログラム
・効果と、その実例

身体の健康、心の健康(Body&Soul)

温泉を利用したプールで気持ちよくス~イスイ
隣にある“ほったらかし温泉”から湯を引いてきてあるので、泉質は同じながら(アルカリ性単純泉)、犬に合った温度設定になっている。
上の写真をご覧ください。眼下に甲府盆地、目の前に富士山を望む場所にあるプールで、気持ちよさそうに泳いでいる姿。「愛犬と楽しくクリッカートレーニング!」の記事で、毎回お話をお聞かせ頂いているドッグウィスパラー山田りこさんと、愛犬マーロン君の姿です。

“わんこの湯”がオープンして間もなく、たまたまそこを訪れた山田さんが、「折角温泉があるなら、犬のための治療用プールがあったらいいのに」と希望したところ、“わんこの湯”代表の山嵜さんと意気投合。山田さんのアドバイスを受けて、早速にプールの製作にとりかかったとか。それが、8月15日にオープンしました。その名は、“Rico’s Happy Tail SPA”。〔病気にならない体を作る〕をコンセプトにした、この施設の内容とは?

天然温泉使用、犬に合った温度でリラックス気分

フィットネスガーデン
プール横には、各種エクササイズ療法ができるフィットネスガーデンがあり。
まず、プールの説明から。大きさは、2.5m×6m、深さ60~80cm。深さに幅があるのは、傾斜がついているためです。中には、1m程の幅があるステージが3段あり、6mにわたってご家族が腰をかけられるようにベンチ状になっている部分があります。

プールと言ってもただの水ではなく、隣の“ほったらかし温泉”から引いてきた天然の温泉を利用。それを、犬にとって丁度いい温度設定にしてあります。ですから、関節痛や、運動麻痺などの神経疾患、慢性消化器疾患、皮膚疾患、疲労回復、健康増進などの効能ももちあわせた、いわゆる温泉プールというわけです。健康管理上、一回使用するごとに、お湯は入れ替えとなっていますので、天然温泉を使用しているだけに、なんとも贅沢なプールですねぇ。

エクササイズ療法ができるフィットネスガーデン

ヨイショっと
そのコに合わせた内容のエクササイズができる。
温泉プールの横にあるフィットネスガーデンには、犬の身体能力を無理することなく刺激したり、高める効果のある器具が設置されており、プログラムの内容によって、T-タッチやリハビリなどの各種エクササイズ療法、また、運動などができるようになっています。

プログラムの内容

では、そのプログラムについて、ちょっとご説明しましょう。主なコースは、冒頭で述べたとおり5コース。

■レラクゼーションコース(Relaxation Program)
犬に最適な温度に設定した温泉水の中で行うリラクゼーション法。水の浮力を利用し、無重力に近い温水の中でぷかぷかと浮いたり(フローティングマッサージ)、タッチケア(プレイズタッチ)を行います。 家族の方が一緒に入ることも可能なので、指導してもらいながら自らの手でタッチをすることもできます。水に入るのが苦手なコにもお勧めのプログラムです。

■フィットネスコース(Fitness Program)
運動不足の解消に。より健康な身体を作るためのコースです。浮力、抵抗、水流、水圧を利用して、無理のない運動、エクササイズを行います。

■ダイエットコース(Diet Program)
肥満は、関節疾患や循環器など、様々な病気を誘発します。理想の体重を保ち、健康を維持しながら、疾患を予防します。プールセラピー、マッサージで理想の体重に。

■アンチエイジングコース(Anti Aging Program)
シニア犬に見られがちな疾患の予防に。身体に無理のないエクササイズ療法、プールセラピー、マッサージで予防的な健康管理を行います。

■リハビリテーション コース(Recovery Program)
整形外科的疾患、神経学的疾患の回復時、および回復後における、身体全体の機能、および持久力の向上、再発予防に役立ちます。
注:現在、動物病院にかかっている場合には、病院からの紹介状が必要となります。

それぞれのコースで行われる内容については、次のページへ。