子どもの幸せのために面接交渉はある

きょうだい
子どもには何の罪もないのに……
離婚の際の取り決め事項は、慰謝料・財産分与や養育費などお金のことがまず重要案件で、離婚後に始まる面接交渉については「月1で」「隔月で」などと簡単に決めるだけとなりがち。すると、離婚が成立し、いざ面接交渉となったとき、元夫婦はまたここで揉めたり、意思のすり合わせをしなければならなくなったりします。

子どもを愛する気持ちは同じはずなのに、離婚時に憎しみあった感情が後を引いていると、相手のやること成すことに腹が立ち、プレゼントのおもちゃを送り返したり、子どもの様子を知らせるのを拒んだり、また、元パートナーとやりとりするくらいなら子どもと会うのも我慢した方がマシ、などということにも……。こんなことがあると、一番かわいそうなのは子どもです。

子どもには何の罪もないのに、離れて暮らす方の大好きな親と交流できない……。子どもにとって、これほど悲しいことはありません。「離れていても、ボク(わたし)のことを忘れていないよね?」この不安な子どもの気持ちを埋めてあげるために面接交渉があるのです。これを親の感情的な問題で奪ってはいけないのです。

せっかく離婚が成立したのに、すぐにはじまる面接交渉のことでまた揉めるというのは避けたいところです。思いもよらぬ相手の要求に、「そんな約束していない!」「こっちこそ!」などということにならないように、子どもの気持ちや幸せを第一に考えて、面接交渉についてはなるべく具体的に決めておきましょう。

【関連リンク】
泥沼化しがちな親権争いの乗り越え方
養育費不払い取立てマニュアル
親の心構え-面接交渉-(1)
親の心構え-面接交渉-(2)
夫婦の会話―その恐るべき影響力
子どもに離婚をつたえるとき

「離婚」サイトのメルマガのご購読を希望される方はこちらからご登録ください。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。