親の離婚で傷つかない子どもはいない?!

ブランコ
「昼間は元気だけど、夜おふとんに入ると涙があふれる…」
離婚・カップルカウンセラーの岡野あつこです! 子どもを持つ夫婦が離婚をするとき。離婚は夫婦ふたりだけの問題ではありません。夫婦の子どもにとっては、天変地異にも等しい人生における大事件です。どうなるにせよ、一方の親とは離れて暮らすことになってしまうのです。

「親が離婚することになるのは、もうわかっていた…」というケース、「信じられない…」というケース、家族によって状況はそれぞれでしょう。けれども、子どもへのつたえ方によって、そのときからあとあとまで、子どもの気持ちや人生までの影響はまったく違ってきます。

親の離婚で子どもがまったく傷つかないということは、ほとんどありません。けれども、親は、可愛くて仕方がない大切な子どもを、できることなら少しでも、傷つけないように、つたえたいと思います。そこで5つの注意点を挙げてみました。

→次ページへ続く~子どもに離婚をつたえるときの注意点は?