面接交渉は具体的なことまで決めておく

みなとみらい
また遊園地、連れていってね!
離婚カウンセラーの岡野あつこです! 子どものいる夫婦が離婚をする際、面接交渉については、ただ漠然と月1回などというだけではなく、具体的に決めておいたほうがよいでしょう。

■面接交渉について決めること

  • 面接の頻度
    月〇回、年に〇回。子どもの誕生日、クリスマスなどの行事に合わせて。春・夏・冬休みに合わせて等。
     
  • 面接の時間
    一回〇時間、一日、宿泊の有無、一泊二日、二泊三日等。
     
  • 面接の場所
    自宅、祖父母宅、店、遊園地等。
     
  • 面接時の受け渡し方法
    車で自宅まで送迎、駅で受け渡し等。
     
  • 面接以外の交流
    電話・メール・手紙・写真・ビデオレターのやりとりの有無。誕生日やクリスマスプレゼントの有無。学校行事への参加の有無。
そんな細かいことまで……と思われるかも知れませんが、離婚の際、こじれた夫婦ほど面接交渉時も揉め事が起きがちです。子どものためにも、しっかり決めておきましょう。もし、夫婦の話し合いで決めることができなければ、調停を申し立てます。

■調停(面接交渉)の申し立て手続き

  • 申し立て先:家庭裁判所
  • 費用:1,200円(収入印紙)+郵便切手(80円×10枚)
  • 用意するもの:家事調停申立書(面接交渉)※所定の用紙、戸籍謄本(本人、相手方、子ども)
調停で話し合いがつかなければ審判へと進みます。面接交渉については『家事審判法』の「子の監護に関する処分」として家庭裁判所が審判を行うべき事項とされているので、裁判の判決で命じられるものではありません。

別居中、もしくは離婚後、相手が勝手に子どもを連れ回したり、連れ去ろうとしたりする場合は、「面接交渉の制限」についての調停を申し立てることもできます。

→次ページへ続く~子どもの幸せのために面接交渉はある