日常から抜け出して…

馴れ合いになったカップルに、日常生活の場では、ロマンチックなムードは生まれにくいもの…<br>
馴れ合いになったカップルに、日常生活の場では、ロマンチックなムードは生まれにくいもの…
夫が乗り気でない場合は、雰囲気づくりをして、視覚的にアピールします。部屋をホテルライクなインテリアにして間接照明などで、ロマンチックに。なるべく肌みせファッションで、女性らしいカラダの線を強調する…。

旅行に出掛けたり、ホテルをとったりして、非日常空間へ移動するのも効果的。家では着る機会のないスリップドレスにハイヒールなどを用意して、キレイの限界を追求したその姿を夫にみてもらう。その際、夫の好みになるべく合わせるようにします。

セクシーなのが好き、可愛いのが好き、癒し系好き…。それが、よくわからない人は、出会った頃の自分を思い出してみます。それが夫の理想のタイプのはずですから。もしくは、ふたりにとって未知なる世界に入っていくのも刺激になります。ソフトSMやコスプレでセックスレスを脱したカップルは実は少なくないのです。

ふたりのための時間を

自分が乗り気でない場合…。その原因によってさまざまですが、多いのは「仕事や育児で疲れている」というケースです。こういう時、役目とか義務という意識で無理して応じると、ますます嫌気がさしてしまい、パートナーとのセックスを嫌悪し、遂には完全拒否状態になってしまいます。

そうならないためには、意識的にゆとりをつくることが大切。育児にしても仕事にしても家事にしても、自分ががんばらなければ! という状況に陥りがちですが、ちょっと考え方を変えてみましょう。月に一日くらい何もしなくていい日を、夫婦のためのゆとりある一日を、つくりだすのです。

子どもを預ける方法は、調べれば見つかるはずです。仕事だって頭を切り換えて本気で休もうと思えば休めるものです。そんなちょっとした努力や工夫で、ただの同居人と化していたセックスレス夫婦が、新婚当時のような甘いラブラブモードを取り戻すこともできるのです。

********関連サイト*********
■相手への秘密はどうする? 夫婦の危機!—秘密ができた時…
■こんなにあった!誤解の数々夫婦間のセックス大誤解
■まだまだある誤解の数々。夫婦間のセックス大誤解-【2】
■産後の性(3)産後のセックスQ&A その1
■産後の性(3)産後のセックスQ&A その2