バラバラにしたくないモノをまとめる

100均商品はお店によって品揃えが違っていたり、商品の入れ替わりで同じ物が買えなくて困ったという人も多いことでしょう。定番商品を見極めるのが難しいので、これはいい!と思った商品は、その時に必要個数を手に入れるのがコツ。ということは、あらかじめ、何処に何をしまうのかという計画を立てておくことが必須です。

メッシュカゴは通気性の点でも◎

メッシュカゴは通気性の点でも◎

吊り戸棚や食器棚など、棚で整理しなければならない収納には、100均のカゴやケースなどの入れ物使いが最適。食器や買い置き食材、密閉容器の収納用に、お揃いで用意したいところです。入れ物を使って整理しておけば、高い所にしまっても丸ごと出し入れできるので、しまいっ放しの予防にも役立ちます。入れ物選びは、中にしまうモノにあったサイズであることと、棚の寸法から割り出した個数がいくつ並ぶかということがポイントです。


100均のかご

入れ物の色を統一しておけば見栄えもすっきり!

また、四角い形状の入れ物であれば収納空間が無駄なく使えます。棚の段ごとにしまうモノのカテゴリーを決めて、お揃いの入れ物を並べれば、扉のないオープン棚でも見栄えの点で合格です。黒が好きな人以外は白か半透明の入れ物で色を統一して、カラフルな色の物は避けた方が良いでしょう。

如何でしたか? 「な~んだ普通じゃない」と思える、まさにそんな使い方が実際に役立っている証拠。安いから買うのではなくて、我が家の収納にちょうど良いから使うのです。いま手元にある100均商品、もっと役立つ場所を求めているかもしれませんよ。すっきりキッチンは何処に何をどうしまうか、その基本さえ押さえておけば大丈夫。さあ今すぐキッチン整理に取り掛かりましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。