丁寧にたたんだはずの下着が、出し入れするうちにいつの間にかごちゃ混ぜ。徒労感を味わってしまうと、たたむ気力がガタ落ちです。そんな事態に力を与えてくれるのが収納グッズ。簡単でキレイにしまえるアイテムをご紹介します。

収納グッズで美的にしまう

いい加減に放り込んでいると、その日に身につけたい下着がみつからなくて、収納の中が益々メチャクチャになってしまいます。ショーツのように小さなモノ、型くずれが気になるブラジャー、繊細なレースを傷めたくない上等な下着、上下セットで身につけたいモノなど、アイテムや目的に合わせて丁寧にしまいたいものです。

ショーツは、クロッチ部分を内側にたたんでから四角くたたむか、巻いて小さくする

ショーツは、クロッチ部分を内側にたたんでから四角くたたむか、巻いて小さくする

そこで利用したいのが収納グッズ。引き出しの中に仕切り板を入れて仕切る方法もありますが、細かく区画したい下着には、ケースを組み合わせて使う方が実用的。ショーツやストッキング、ソックスなど小さなモノには、仕切のついたケースを選ぶのも一つの手です。ソフトな素材のケースなら、下着を傷める心配がありません。

またブラジャーは、ソフトタイプのものなら2つ折りにしてから、仕切のあるケースに。ワイヤーやパット入りの場合は、カップの形がそのまま収まるサイズのケースを選びます。そのケース選びは、CDやMDが入るサイズのものを目安にするとよいでしょう。それならばディスカウントショップや100円ショップでも、見つけやすいはずです。

収納ケースを使う

引き出しケースの内側にカラーペーパーを入れるとキレイ

引き出しケースの内側にカラーペーパーを入れるとキレイ

ショーツやブラジャーを入れたソフトケースは、そのまま整理ダンスの引き出しにしまいます。無印良品の引き出しケースを例にとると、深さ18cmのものがピッタリです。クローゼットの奥行きにあった55センチのものなら、キャミソールを一緒にしまうことも可能です。

手持ちの下着の数にもよりますが、タイツ・ストッキング・ソックスは、別の引き出しにしまうようにすれば、アイテムが混在しないため選びやすくなります。例にあげた無印の引き出しケースは、ニットやカットソーなどの収納にも適していますので、下着用のケースとともに積み上げて使っても良いでしょう。

衣替えの時期になったら、衣類収納を抜本的に改良してみては如何? 開運の兆しが見えてくるかもしれませんよ。




あなたのお悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?
(新サービス事前登録のご案内)

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

たとえば「夫の不倫が発覚したけれど、どうしよう」「熟年離婚って実際、どうなんだろう」「子供の不登校にどう向き合ったらいいんだろう」「地方移住に興味はあるけれど……」などの悩み・疑問について、同じようなことを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。