一橋大は社会科学系の大学としては、最も古い大学。1875年(明治8年)8月に、初代米国代理公使であった森有礼が、東京銀座尾張町に「商法講習所」を私設したのに始まる。一般のイメージとしては商業界に影響力のある地味な大学と思われている方も多いかもしれない。具体的にはどんなところがすぐれているのだろうか。

理想的な少数精鋭教育

画像の代替テキスト
キャンパスのある国立は自然環境に恵まれている。32万平米の広大な敷地に一度足を踏み入れると、野鳥のさえずりと豊かな自然の姿に驚かされるだろう。
教育環境を計る指数の一つが教員一人当たりの生徒数だ。マンモス私立大学では、およそ教員一人当たりの学生数は30~50人とかなり多い。大学に入ってみたけれど、授業では大教室での授業、食堂もいっぱいでなかなか食べられないなど入学後の不満もよく耳にする。

一橋大は日本で始めてゼミナール制を導入したことで知られている。必修のゼミでは、教員一人当たりの学生数は10~15人と理想的な環境にある。日本の私立大学では大学の運営費のほとんどを学生からの授業料に頼らざるを得ず、どうしても学生を多く入学させる必要がある。一方国公立大では、国からの補助によって補填しているのでこのような理想的な環境が可能だ。

また一般の大学では、学部間で講座をとることはなかなか困難であるが、商学部、経済学部、法学部、社会学部で開設されている授業を学部の垣根を越えて、自由に履修できるのも魅力だ。

抜きんでた就職率

このような理想的な環境であればこそ、高い教育成果が生まれる。各種国家試験、特に新司法試験では1名受験の大学を除き、合格率でみると、2006年度で受験者53名中44名の合格で83%の合格率で全国トップの成績を出した。公認会計士試験でも多数の合格者を出している。

また一橋大は、大手有名企業への就職者がきわめて高いのでも知られている。2006年度の全卒業生1,082名中、大学院進学者などを除くと、707名が大手有名企業に就職している。銀行、保健業界に強いのでも有名だ。主要な就職企業名を見ると、みずほFG、三菱UFJFG、トヨタ自動車、日本生命保険、大和証券、丸紅、博報堂DYHD、伊藤忠商事、東京海上日動火災保険など錚々たる名前が並ぶ。

このような高い成果を支えるもの一つが約7万人の卒業生からなる「如水会」という同窓会組織。長い伝統があるにもかかわらず、卒業生の数が少ないことが密接な横の関係を構築しているようだ。一流企業や官公庁の指導的立場にある卒業生も多く、就職で有利になるのは言うまでもない。

>>一橋大受験のポイントは?>>