東大合格に求められる資質と実力

<東大現役・浪人合格比率>
世間的な予想では、苦学し何浪もして東大に合格というイメージだが、事実はまったく逆(『代々木ゼミナール東大入試データ』より)
東大は入試に関する情報を開示している数少ない大学です。その情報を見るだけでもいろいろなことがわかるので、まず最初にご紹介しましょう。

■現役と浪人の合格者の割合は?
世間的な予想では、「苦学し、何浪もして東大に合格」というイメージがありますが、事実はまったく逆です。東大の全学部で、およそ65~70%の合格者を占めるのは現役の合格者であるということです。1浪でおよそ20%台の合格率で、2浪以上ではおおよそ2~3%台とかなり低迷しています。ここからはっきりわかることは、「東大には現役、少なくとも1浪で入らないと可能性が低下する」ということ。多浪しても合格する見込みが少ないわけです。

ちなみに出身地別に見ると、約60%は東京および関東圏の出身者が占めています。

■現役、もしくは1浪で東大に合格する実力とは?
まず、センター試験をどの程度取る必要があるのかを見てみましょう。
<センター試験合格得点率>
センター試験では9割近くの得点率を求められる(『代々木ゼミナール東大入試データ』より)
センター試験では上表を見てもわかるように、全体的に見て90%近くを得点しなければなりません。

2次試験ではどうなっているでしょうか?
<2次試験合格得点率>
550点の内訳は110点がセンター試験分、440点が2次試験分となり、4倍も配点が異なっている。2次試験の大切さがここから見てとれる(『代々木ゼミナール東大入試データ』より)
この数値を見てわかるように、合否を大きく左右しているのは、550点中440点配分された2次試験の成績であることがわかります。東大などの国公立大学の場合、2次試験の出来が合否を決めていて(*センター試験より配点が高いため)、約70%は得点しないといけないことがわかります。しかし、センター試験での1次選抜(*一定の点数に見たいない者は2次試験を受けることができない)スレスレを狙う人が多いのですが、点数が110点に圧縮されるとはいえ、2次試験での得点の取り難さを考えればセンターもおろそかにはできません。1点にこだわる勉強が必要です。

>>東大に現役合格できる生徒とは?>>