1990年代に「バスケットの神様」と呼ばれたマイケル・ジョーダンを生み出して以来、世界中で大人気のNBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)。身長2メートル以上の巨大な男たちがコートを駆け回り、鮮やかにダンクを決める姿は、想像を絶する迫力です。2004年には田臥勇太選手が初の日本人NBAプレーヤーとしてフィニックス・サンズと契約し、話題を呼びましたね。

誰にでもオープンでチケット入手も簡単なNBA観戦。西海岸を訪れるのなら是非、一度スタジアムへ足を運んでみましょう。バスケ好きでもそうでなくても、今までにない経験となるはずです。

試合
選手たちの身長は大半が2m近く。180cmが小さく見えるほど!


4~6月は最もエキサイティングな試合の連続!

NBAはアメリカ・カナダの全30チームを東西2つのリーグに等分し、さらに両者を5チームごとの3つのグループに分け、リーグ戦を行うしくみになっています。全日程終了後、それぞれのリーグで、各グループの勝率1位の3チームと、残り12チームの勝率上位5チームの全8チームでトーナメント戦を行います。

このトーナメント戦をプレーオフと言いますが、今月は続々とチームがプレーオフ進出を決め、NBAは今ますます目が離せません。これから6月の王座決定戦NBAファイナルに向けて、エキサイティングな試合が目白押しです。西海岸でNBA観戦をするなら今から6月にかけてがベストだと言えます。


人気No.1最強チームのロサンゼルス・レイカーズ

ファンたち
スタジアムの至るところにあるユニフォームショップ
先日、15日にはコビー・ブライアント率いるロサンゼルス・レイカーズがシアトル・スーパーソニックスを109-98で破り、プレーオフ進出を決定しました。西海岸には、その他、ロサンゼルス・クリッパーズ、アリゾナ州のフェニックス・サンズ、オレゴン州のポートランド・ブレイザーズがありますが、中でもレイカーズは群を抜いて人気のある最強チーム。

NBAファイナルに最も多く出場、プレーオフを逃したことも過去60年間の歴史の中で5回しかありません。2005-6年シーズン終了時点では、NBA最多勝、最高勝率、そしてその他のチームの中で最も長い連勝記録を保持しています。

今シーズンはレイカーズのスター選手、コービー・ブライアントが1試合50得点以上の快挙を成し遂げ、大活躍。西海岸でNBA観戦をするならレイカーズ戦をオススメします。他のチームとはひと味違ったファンの熱気。大事な試合にはセレブも駆けつけ、ハーフタイムのエンタメも最高です。

次のページでは、チケットの入手方法と試合会場、ステープルスセンターを紹介します。