ビビアンがエスカルゴを飛ばした高級レストラン

シケーダ
素晴らしいインテリアのシケーダ。映画のロケ地として人気です。
ビジネスディナーにビビアンをエスコートするエドワード。ビビアンが慣れない高級料理に目を白黒させ、テーブルマナーに四苦八苦している間に商談は進み、険悪な結果に。「必ず造船会社を買収してバラ売りする」と相手に凄んだエドワードでしたが、ホテルに帰るまでにすっかり気落ちして口数も少ない。「あなただって、モース(商談相手)が悪い人ではないことは知っているはずよ」と声をかけるビビアン……。

映画の中で、ディナーの最中にビビアンがエスカルゴを飛ばすことで有名なこのシーンは、ビバリーヒルズのレックスという高級イタリアンレストランで撮影されました。その後店名がシカーダに改名され、ダウンタウンに移転。アールデコ調のインテリアが素晴らしいこのレストランは映画やテレビ番組の撮影でよく使われ、最近では、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー主演の「Mr. & Mrs. スミス」で二人がタンゴを踊り、爆弾騒ぎを起こすシーンでも使われました。

レックスではエスカルゴが登場しましたが、シカーダは北イタリア料理に重点をおいていて、現在はエスカルゴはメニューにありません。セレブが訪れるこのレストラン、値段も普通より高めで、メインディッシュのほとんどが35ドル以上。しかし、インテリアはロサンゼルスの高級レストランの中でも群を抜いて素晴らしいと有名なので、カクテルを飲むだけでも立ち寄ってみる価値は十分にあると思いますよ。

<DATA>
Cicada
  • 所在地:617 S. Olive St., Los Angeles, CA

  • TEL:(213) 488-9488

  • 営業時間: 月ー土曜 5:30pm - 9:00pm(ディナーのみ)日曜休み



プライベートジェットで訪れたオペラハウス

自然史博物館
オペラハウス内の撮影はセット。実際は恐竜の模型などが展示されています。
エドワードがプライベートジェットにビビアンを乗せて、サンフランシスコにオペラを観に連れて行くシーンはとてもロマンチック。オペラの内容も「椿姫」と、この映画にぴったりですよね。

いかにもサンフランシスコで撮影されたかのように登場するこのシーン、実はロサンゼルスの自然史博物館で撮られました。この博物館は、ダウンタウンから南へ8Kmのところにあるエクスポジション・パークの一角にあります。バラの庭園がとてもきれいで、ロサンゼルスの住人の憩いの場として人気です。

<DATA>
Natural History Museum
  • 所在地:750 State Dr., Los Angeles, CA
Natural History Museum


感動のエンディングが撮影されたビビアンのアパート

ラスパルマス
ハリウッドの裏道にある長期滞在用ホテル。十分用心して訪れましょう。
モースの造船会社を買い取り、バラ売りして莫大な利益を手にする計画をしていたエドワードも、ビビアンに影響を受けるようになります。そして、友好的な提携を決意し、ぼろ儲けすることをあきらめます。ビビアンとの1週間契約が終わり、エドワードがニューヨークに帰る日、彼はビビアンに4000ドルを渡して「また会いたい」と思いを告げますが、ビビアンはそれを断りホテルを去ってしまいます。サンフランシスコでの新しい生活を決意したビビアンの旅立ちの日、エドワードが彼女のアパートに花束を片手にリムジンに乗って迎えに来るのですが……。

エンディングシーンのロケ地にはハリウッドのラス・パルマスホテルが利用されました。今は長期者滞在用ホテルとして経営されています。人通りがあまり無い通りにあり、エリア的にも治安が良いとは言えませんので、訪れる場合は十分気をつけましょう。タクシーを利用するのが一番良いと思います。

<DATA>
■Las Palmas Hotel
  • 所在地:1730 N.Las Palmas Ave., Hollywood, CA
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。